• HOME
  • 記事
  • 信州民報
  • 新型コロナ 上田市の飲食店でクラスター発生 袋町商工振興会が自主休業を要請 市は今日まで感染拡大防止を広報

新型コロナ 上田市の飲食店でクラスター発生 袋町商工振興会が自主休業を要請 市は今日まで感染拡大防止を広報

上田市で23日、新たに2人の新型コロナウイルス感染者が確認された。市内の感染者は増え続けており、これで25人になる。また22日には、市内飲食店でクラスター(感染者集団)が発生した。利用者が把握できているとして、店名は公表していない。

21日にも、クラスター発生の店とは別の店でも経営者らの感染を確認。こちらの店では利用者が特定できないとして、感染拡大防止のため県は店名を公表。8月12日~18日に、バー「Super Pig(スーパーピッグ)」(市内海野町伊勢町)を訪れた客は、最寄りの保健所へ至急連絡するよう要請している。

そんな中、同バーに隣接する繁華街・袋町の袋町商工振興会(尾澤英夫会長)は、接待を伴う飲食店での感染者拡大を受けて21日夜、加盟182店に「自主休業の実施」を要請。さらに上京ほか、他県との往来など感染リスクの高い行動の断絶などを促すチラシを配布した。22日の土曜日は書き入れ時にもかかわらず、約9割の店のネオンが消え、日曜日は全店がシャッターを下ろしたという。

尾澤会長は、取材に「売り上げ低迷の時期にこんな要請は心苦しいが、市や商工会議所にも協力店に対する助成金のフォローなどを要望している。何とか対応してほしい」とし、「近隣自治会と連携の上、ことを冷静に判断して次の指示を出した」と話す。

23日は袋町、大工町のバーなどはシャッターが下ろされ、多くの店で「臨時休業」「31日まで連休」「改善しだい再開」などの張り紙があり、なかには「9月6日まで休業」する店もあった。

上田市では21日夜、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催。22日から25日(火)まで、市広報車をはじめとして感染予防対策の徹底を繰り返して呼びかけている。また上田地域検査センターの開設日は今までの週3日を6日に変更し、1日あたり検体採取件数は6件から12件に拡大するとした。

また小・中学校、幼・保育園は現時点では通常通り運営し、公共施設の閉館もない。新型コロナウイルスに関連する情報は市ホームページにも掲載している。

https://www.city.ueda.nagano.jp/soshiki/kenko/31331.html

問い合わせは新型コロナウイルス感染症対策室 ℡0268‐75‐6676。
上田保健所℡0268‐25‐7135へ。

関連記事一覧