【50年前】大好評の日曜広場 惜まれながら一まず中止

信州民報に掲載された50年前の今日の見出しをご紹介するコーナー。新聞記事でタイムスリップしてみましょう。

<昭和45年7月 第6437號>

▼大好評の日曜広場 惜まれながら一まず中止

上田市海野町商店街が道路から車を締め出して六月二十八日と七月五日の二回試験的に実施した、いわゆる「市民の日曜広場」の催しは、同町商店街始まって以来の空前の人出で、文字通り親子連れや訪れた人たちは、買い物と遊びに酔いしれていた。二回目の五日は、二号台風の接近で降り出しそうな空模様だったが、午前九時のオープンを待ちかねたように、子どもたちを先頭にした市民がどっと繰り出し、商店街は瞬く間に人の波で埋まった。今回は、ご自由におくつろぎ下さいと、町の真ん中に出したベンチやビーチ・パラソルも前回の約二倍の数に増やした他、特設の噴水や植木鉢をところどころに置いて涼感を…

▼熊公ヘビに襲われ=中学生の機転で助かる

上田公園の熊公が青大将に襲われ、アワヤ命を落とそうとしたところを幸いヘビ好きな市職員に助けられ、ようやく一命を取り留めることができた。たまたま上田公園に遊びに来ていた中学生が熊のオリの前を通りかかったところ、普段はノッシノッシと歩く熊公が、息も絶え絶えになってオリの中を駆け回っている。不思議に思って中を覗くと、オリの中に二㍍近い青大将が入り込んでいてニョロニョロと這い回っていた。これを見た熊公は青大将がよほど恐ろしかったと見えて逃げ回っていたもの。熊公はハアハアと息を切らせ、今まさに倒れる寸前…

▼千曲川アユ解禁=台風の影響初日は不良

上小漁業協組管内上田、小県地区の千曲川、依田川などのアユ解禁が五日午前八時の打ち上げ花火を合図に行われた。この日はあいにく台風二号の影響で風が強く荒れ模様の上、水温も低かったせいもあって、全般的には不漁だった。それでもこの日を待ち望んでいた釣り天狗たちは、東京、群馬方面からのマイカー族も含めて約千人が…

▼上小の仏像=上田博物館で発刊

上田博物館は、市周辺に残る貴重な文化財・仏像を中心としたシリーズの第四冊目、郷土の文化財「仏像」を発刊した。博物館では郷土の歴史、民俗、自然など各分野にわたる平明な解説書、郷土史シリーズを刊行してきたが、今回はその第四冊にあたり、仏像所有者の各寺の…

関連記事一覧