• HOME
  • 記事
  • 信州民報
  • 【東御市】 全国高校総体ハンドボール女子に出場 邊見紀香さん(屋代高)が市長に報告

【東御市】 全国高校総体ハンドボール女子に出場 邊見紀香さん(屋代高)が市長に報告

三重県で開かれる全国高校総体(インターハイ)ハンドボール競技・女子の部(26~31日)に出場する、屋代高校1年の邊見紀香さん(東御市日向が丘)は3日、母親・美枝子さんと共に東御市庁舎に花岡利夫市長を訪ね、大会出場の報告をした。


邊見さんは中学1年からハンドボールを始め、中学校部活動のチームでは試合で最もシュートを打つことが多い、「左45」と呼ばれるポジションで活躍。JOCジュニアの県選抜選手にも選ばれた。


その後、高校でもハンドボール部で中学時代と同じ「左45」のポジションで力を発揮している。6月1~3日に上田市と千曲市で開かれた、県高校総体「ハンドボール競技・女子の部」には12校が出場。屋代高校が優勝し、県代表として全国高校総体(インターハイ)出場が決まった。同校の出場は3年連続で、全国大会での期待は大きい。


この日、紀香さんは「チームの役に立つよう、力を発揮したい」と意気込みを語り、花岡市長は「応援しているので、頑張ってください」と激励。また紀香さんは「将来は東御市でスポーツ振興に関われるよう、しっかり学びたい」と、夢を語った。

ハンドボールは7人が手を使ってボールをパスし、相手のゴールに投げ入れて勝負を競うチームスポーツ。より多くのゴールを決めたチームが勝ちとなり、送球(そうきゅう)とも呼ばれる。

▲ガッツポーズの(写真右から)鶴田武夫・市体育協会会長、邊見紀香さん、花岡利夫市長、紀香さんの母・邊見美枝子さん

[信州民報:2018年7月5日(木)]

《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら

関連記事一覧