1. HOME
  2. ブログ
  3. 【東御市】エフエムとうみ愛称『はれラジ』に決定! 太陽のように明るく温かく愛される放送局 全国から応募370件 ロゴデザインも制作 

【東御市】エフエムとうみ愛称『はれラジ』に決定! 太陽のように明るく温かく愛される放送局 全国から応募370件 ロゴデザインも制作 

東御市の㈱エフエムとうみ(加藤英人代表取締役)が応募していた、愛称(ステーションネーム)がこのほど、『はれラジ』に決定した=写真=。エフエムとうみでは、「太陽のように明るくて温かく、みんなに愛される放送局。地域の太陽のような存在を目指してとの思いを込めた選定」という。

愛称の募集は、開局から8年目となり市内のほか近隣市町村のリスナーも増えていることから、多くの人々に愛されて親しんでほしいとステーションネームの募集を企画。昨年6月18日~7月27日に応募したところ、全国から370件の応募があった。

愛称選考委員会やエフエムとうみ取締役会で検討し、武藤哲さん(50、東京都調布市)の作品「はれラジ」に決定。また愛称(ステーションネーム)の「はれラジ」に合わせ、上田市の長野大学企業情報学部の学生4人が「ロゴデザイン」を制作した。

エフエムとうみ・加藤代表取締役は「今後は愛称・ロゴデザインを活用し、エフエムとうみを多くの皆さんに聞いてもらえるようにしたい」とし、「災害時に、地域の皆さんに安心・安全を届けたい」と伝えた。


[信州民報:2019年1月6日(日)1面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]

関連記事

月を選択