1. HOME
  2. ブログ
  3. 【県環境保全協】上小支部恒例「カレンダー・手帳プレゼント会」積み重ねて15回目 240人に整理券配布 JR上田駅お城口

【県環境保全協】上小支部恒例「カレンダー・手帳プレゼント会」積み重ねて15回目 240人に整理券配布 JR上田駅お城口

県環境保全協会上小支部は26日、JR上田駅お城口で毎年恒例「カレンダー・手帳プレゼント会」を実施した。
 
プレゼント会は、企業などで余った次年度のカレンダーや手帳などを集め、必要とする人々に活用してもらうことで環境への負荷を減らそうというもの。毎年開催し、今年は15回目となる。
 
今回、企業や市民から集ったのはカレンダー約1800点、手帳約250点。お城口前に設置された会場にはプレゼント開始前から約240人が整理券を受け取って、長蛇の列を作る人気ぶりだ。
 
プレゼントは20人ごとに分けて複数回行い、参加者らは3分間の制限時間の中で、テーブル上に並べられたカレンダー・手帳の中から好みのものを、われ先にと選んでいた。
 
毎年プレゼント会に訪れているという女性は、「毎年無料でカレンダーがもらえて有り難い。もらったカレンダーは家のあちらこちらに掛けて使う」と笑顔で話した。
 
同支部事務局の長野計器㈱・宮嶋文男さんは「元々は企業で不要なカレンダーを、捨てるのはもったいないと始まった活動だが、多くの市民にリユースしてもらうことで、企業のごみ減量にもつながる」とし、「楽しみにしてくれている人が多くいるのでこれからも続けていきたい」と話した。
 
 
▲集まった人々が、われ先とカレンダーに手を伸ばす。後ろには楽しみにいていた人々が…


[信州民報:2018年12月28日(金)1面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事

月を選択