1. HOME
  2. ブログ
  3. 上田市が交通死亡事故ゼロ200日達成!16年ぶり県交通安全運動推進本部顕彰  土屋市長に賞状伝達!

上田市が交通死亡事故ゼロ200日達成!16年ぶり県交通安全運動推進本部顕彰  土屋市長に賞状伝達!

上田市は先月9日、「交通死亡事故ゼロ200日」を達成。25日に市役所で、県交通安全運動推進本部長(県知事)顕彰受賞の伝達式が行われた。市の同顕彰受賞は、2002年以来16年ぶりだ。
 
この日は、県交通安全運動推進上田地方部長の佐藤則之上田地域振興局長から土屋陽一市長に賞状が伝達され、土屋市長は「200日という非常に重みのある賞状、心から感謝する」とし、「市民一人ひとりの交通事故防止に対する気持ちが、この賞状に凝縮されている。各団体と協力しながら、さらにこの数字をのばしていきたい」とあいさつ。
 
上田警察署・山本邦男署長は「今年4月23日を最後に死亡事故がない。今年中には250日を越えて、死亡事故がない状態になるだろう」とし、「皆さんの啓発活動と交通安全教育の成果で、地域住民の交通事故に対する意識の高まりが、死亡事故を無くしている一番の成果」と、お祝いの言葉を伝えた。
 
同顕彰は交通環境などを勘案し、交通安全のための効果的対策を実施していると認められる市町村に対し、最後に交通死亡事故が発生した日の翌日から起算して、200日・300日・500日(市の場合)などの期間で交通死亡事故がない場合に顕彰するもの。
 
上田市では2018年4月24日から起算して25日現在、246日間交通死亡事故ゼロが継続している。なお上田地域の他市町村は25日現在、交通死亡事故ゼロ継続日数が東御市は277日、長和町は20日、青木村は525日だ。
 
なおこの日の式には土屋市長、山本上田警察署長のほか宮澤郁夫・上田交通安全協会長、齋藤重一郎・依田窪交通安全協会長、中村義介・県安全運転管理者協会上小支部長、安藤友博・上田地域交通安全活動推進委員協議会長、北沢茂延・市交通指導員会長が出席した。
 

▲佐藤局長(写真左)から土屋市長に賞状が伝達された


[信州民報:2018年12月27日(木)1面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事

月を選択