1. HOME
  2. ブログ
  3. 東御市が交通死亡事故ゼロ200日達成 県交通安全運動推進本部顕彰の伝達式

東御市が交通死亡事故ゼロ200日達成 県交通安全運動推進本部顕彰の伝達式

東御市はこのほど、「交通死亡事故ゼロ200日」を達成。県交通安全運動推進本部から表彰され18日、市役所で伝達式が行われた。
 
この日は県交通安全運動推進本部長(県知事)による賞状を、県交通安全運動推進上田地方部長の佐藤則之上田地域振興局長が花岡利夫市長に授与。「今日の厳しい交通情勢下で交通死亡事故ゼロ200日を達成した功績は誠に多大」と讃えた。
 
花岡市長は「交通の要所で達成できたのは警察、安協、関係機関のみな様の協力の賜物」とし、「年を越してまた1年、事故が無いことを目標にしていく」とあいさつ。
 
また上田署・山本邦男署長は「東御市には小学生を中心とする交通少年団があり、交通安全に関する研修と啓発活動を一生懸命行っている」とし、「安協、安全運転管理者協会、ボランティアの地道な活動など、市をあげて交通事故防止に取り組んでいる成果」と述べた。
 
なお県交通安全運動推進本部顕彰制度は交通環境などを勘案し、交通安全のために効果的な対策を実施していると認められる市町村に対して行う。交通死亡事故が発生した日の翌日から起算し、定められた期間に交通死亡事故が無い場合に顕彰を行うもの。市の場合は「200日」「300日」「500日」「700日」「1000日」を期間とする。
 
東御市は今年3月23日、市内田中南交差点付近で起きた軽自動車と歩行者による事故で歩行者が死亡。その事故から交通死亡事故は無く、10月9日で交通死亡事故ゼロ200日を達成した。その後も死亡事故はなく、12月18日現在の継続日数は270日となる。


▲花岡市長へ佐藤振興局長が賞状を贈る


[信州民報:2018年12月21日(金)1面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事

月を選択