1. HOME
  2. ブログ
  3. 【上田西高】4年ぶりに米国遠征選手団に選出 レスリング部の選手2人と監督!土屋市長に意気込み語る

【上田西高】4年ぶりに米国遠征選手団に選出 レスリング部の選手2人と監督!土屋市長に意気込み語る

上田西高校(上田市下塩尻)レスリング部の大橋寛介さん(3年)と佐々木風雅さん(2年)、井出真一監督はこのほど、(公財)日本レスリング協会の「第58回全国高校レスリング米国遠征選手団」の選手・役員(監督)に選出された。18日には市庁舎に土屋陽一市長を表敬訪問し、抱負を語った。
 
この日、選手2人とともに訪問した井出監督は経緯を説明するとともに、「競技スキルアップを目的に参加してくる。生徒らには五輪一年前の米国高校生の強化を体験し、パワーレスリングも身をもって学んできてもらえたら」とし、「異文化体験の中で、これからのグローバルな選手を目指してほしい」と話す。
 
大橋さんは「一緒に行く仲間や現地の選手たちとの交流も多く体験できる。試合では力の強い選手が多いと思うので、自分の持っているスキルをしっかり使って勝てるように頑張りたい」とし、佐々木さんは「米国遠征で、来年活躍するためのレスリング面と生活面をしっかり学んできたい」と、それぞれ意気込みを語った。
 
土屋市長は「この一年を通して色んな大会で力を発揮した結果として、選出されたと思う。ぜひ誇りに思ってアメリカに行き、生活・文化を学びながらレスリングで体を鍛え、目標を達成するように頑張ってほしい」と激励した。なお同校から米国遠征選手団に選手が選出されるのは4年ぶりで、今回の2人の選出で計20人となった。
 
 
▲(写真右から)大橋さん、土屋市長、佐々木さん。


[信州民報:2018年12月20日(木)1面]

2018年12月20日の他記事

■上田西高 4年ぶりに米国遠征選手団に選出 レスリング部の選手2人と監督 土屋市長に意気込み語る(1面)

■東御市会 湯の丸高原特設プール建設工事変更議案 総務産業委で審議 賛成多数で可決!(1面)

■上田市「コハクチョウ」2羽飛来 楽しみにしている人も多い「本格的な飛来はこれから」(1面)

■上田市☆25日まで 真田地域公共交通利用促進協企画 路線バスで「クリスマスイベント」『イルミネーションバス』も走る(2面)

■上田市 青年海外協力隊でタイに出発!小林美紀さんが市長に抱負語る(2面)

■特殊詐欺電話に注意 上田市内で不審電話(2面)
→12月12日から13日にかけてあった不審電話の情報が掲載

■信州再見730 相撲取・雷電為右衛門(二)相模女子大学名誉教授 志村有弘(2面)

■市役所生け花(2面)
→長野県華道教育会上田支部提供 龍生派 越けさ江さんの作品が掲載

■東信労政事務所 労務管理改善リーダー研修会ひらく テーマは「怒りにどう対処するか」(3面)

■文芸コーナー(3面)
→上田市内で川柳に親しむ方々の句が掲載

■50年前の見出し 新年宴会のテレビ録画で委員会すっぽかす 小山市長の議会軽視重大化す(3面)

■丸子写真クラブ作品展 鹿教湯温泉で開催中!10人が18作品を展示(4面)

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内で行われたグラウンドゴルフ大会の結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事

月を選択