1. HOME
  2. ブログ
  3. 【上田市】飯塚芳幸さん「緑白綬有功章」受章! 1㌶の果樹園に20品種のブドウ栽培 新品種の開発へ熱意示す

【上田市】飯塚芳幸さん「緑白綬有功章」受章! 1㌶の果樹園に20品種のブドウ栽培 新品種の開発へ熱意示す

上田市保野で果樹園を経営する飯塚芳幸さん(69)はこのほど、(公財)大日本農会から農事功績表彰「緑白綬有功章(りょくはくじゅゆうこうしょう」を受章。18日には市庁舎に土屋陽一市長を表敬訪問し、喜びの報告をした。
 
飯塚さんは25歳のころから本格的にブドウ栽培に取り組み現在、約1㌶の果樹園に約20品種のブドウを栽培。10年余をかけて昨年、新品種のブドウ「真沙果(まさか)」を開発するなど、農事改良の功績や実績に著しい成果を挙げている。また県内外からも研修生を受け入れるなど、後継者の育成にも尽力してきた。
 
飯塚さんは「これまでの苦労してきた成果が実ったもの。父と一緒に土づくりをしてきた結果が今、結ばれた。続けてきて良かった」と喜び、土屋市長は「これを機会に多くの人に技術を継承し、ブドウ栽培の指導をして共に市の農業振興をしてほしい」と称えた。
 
飯塚さんは、受章式の様子や新種のブドウ開発について懇談。「地域おこしのためにオリジナルブドウのブランド化を進められれば、地域への恩返しにもなる」と伝え、取材に「真沙果は栽培も難しく裂果するので、裂果しにくい品種の商標登録を申請中」と、新品種の開発へ熱意を話した。
 飯塚さんの栽培するブドウのお求めは、飯塚果樹園℡38―2190に電話かネット通販で。
 

▲笑顔で土屋市長と懇談する飯塚さん


▲表彰状を手に飯塚さん(写真右)と土屋市長


[信州民報:2018年12月19日(水)1面]

2018年12月19日の他記事

■上田市 飯塚芳幸さん「緑白綬有功章」受章!1ヘクタールの果樹園に20品種のブドウ栽培 新品種の開発へ熱意示す(1面)

■上田商工会議所女性会がひらく 昨年に続き「フードドライブ」上田市(1面)

■上田市・別所温泉 信州上田地域健康パーク推進協 別所温泉街の視察体験など行う 活性化に向けワークショップも(2面)

■上田地域こどもCGコンクール 過去最高285作品の応募あり「最優秀賞」は齋藤葵実さん!マルチメディア情報センター(2面)

■音楽村 上田市出身・窪田建志さんと仲間が演奏「くぼった打楽器四重奏団」観客を魅了(3面)

■上田市 池波正太郎真田太平記館 鬼平犯科帳の舞台を歩く 2月24日まで「写真展」(3面)

■ブランシュたかやまスキー場 21日までオープニング価格(3面)

■50年前の見出し田畑灌がい工事完成は まだ五年もかかる 菅平ダム関係 主目的が後回し(3面)

■県環境保全協上小支部「カレンダー・手帳プレゼント会」26日☆JR上田駅お城口で開催!(4面)

■クマ・イノシシに注意 上田市内で目撃情報!


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事

月を選択