1. HOME
  2. ブログ
  3. 【県議選】東御市区現職の石和 大氏 出馬表明 「光が当たりにくいところに光を当てる政治を」

【県議選】東御市区現職の石和 大氏 出馬表明 「光が当たりにくいところに光を当てる政治を」

県議会議員現職の石和大氏(53)=無所属、東御市本海野=は21日夜、市内で開いた県政報告会で、来春の県議選・東御市区(定数1)に3選を目指して立候補することを正式表明した。
 
同県政報告会は後援会が開いたもので、会場には約250人の市民が参集。席上、支援者の女性から「3期目の県議の活躍を期待している。次期への気持ちを聞かせてほしい」との声があり、後援会が緊急動議後、石和県議に出馬表明を要請。
 
石和氏は「これからも県に対してしっかり要望を伝え、県政を前に進めていく。そして東御市を前に進める。そのために、力いっぱい働かせていただきたい」と語った。
 
石和氏はこの日、県議としての活動を詳細に報告。その中で「県議として心掛けてきたことは、光が当たりにくいところに光を当てる政治」とし、「それを県政にしっかり提言できるようにしてきた」と報告。
 
また東御市が進める湯の丸高原高地トレーニング事業についても触れ、「高トレをしっかり根付かせていきたい。県議会も応援する態勢で、道路も整備していく。観光の振興にもつなげたい」と話し、また議会改革では「通年議会の開会が必要」と力を込めた。


▲県政報告会で立候補を表明した石和大氏


[信州民報:2018年11月23日(金)1面]

2018年11月23日の他記事

■今回初 上田安協と上田署がバス会社へ「好津安全啓発ポスター」交付!バス利用者への注意喚起が目的(1面)

■県議選 東御市区 現職の石和大氏 出馬表明 「光が当たりにくいところに 光を当てる政治を」(1面)

■祝「軍手ィ」10周年 特別企画 上田市・アリオ上田店ひらく ハナサカ軍手ィプロジェクト 23~25日(1面)

■上田市 里山の利活用へ「馬搬」研修会ひらく 里山整備利用地域 初認定の「霊泉寺温泉地域」地元住民や西内小児童も参加して学ぶ(2面)

■青木村 竹チップ活用プロジェクト「竹破砕機」披露 ごみ減量や土壌改良効果に期待(2面)

■世界エイズデーに合わせ 県が普及啓発活動行う!上田保健福祉事務所(2面)

■「写真・ピアノ・アロマ」がコラボ こころぽかぽかコンサート楽しむ 上田市塩田公民館(3面)

■上田市 上田グローリア合唱団演奏会 サントミューゼに1200人「うたいつぐ~生命の輝き」(3面)

■古着の回収 12月7日(3面)

■五十年前の今日の見出し 川西村特別職 絶対に導入せず 合併条件で小山市長職員に確約(3面)

■旅日記番外編 孫と行く 鹿児島の旅 3泊4日 その7(4面)
→上田市在住の植物画家、久保やす子さんが執筆する記事のため見出しピックアップ


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事

月を選択