1. HOME
  2. ブログ
  3. ストリートダンスチーム「GX」 東御市・上田市中心に活動する 発足から9年 初優勝を喜ぶ!

ストリートダンスチーム「GX」 東御市・上田市中心に活動する 発足から9年 初優勝を喜ぶ!

「長年の念願が叶って本当にうれしい」。そう語るのは、ストリートダンスチーム「GX(ジーエックス)」代表でインストラクターのTaiyo(中村真之)さん(43)。このほど開催の「川中島フリーダンスコンテスト」小中学生部門で、所属の「kicki it(キキ)」(4人)が見事、優勝した。
 
「GX」は2010年、上田市・東御市を中心にヒップホップダンスなどストリートダンスの楽しさ・かっこ良さを伝えようと、Taiyoさんが発足。当初9人だったメンバーも現在は年長、小学生、中学生、高校生、大人の5クラスに40人が所属し、ダンスに打ち込む。同コンテストには発足時から出場している。
 
今年は全37チームが参加し、一次予選は道路を歩行者天国にして全チームが横並びになり踊った。3人の審査員が歩きながら採点し、勝ち残った上位各6チームがステージでダンスを披露。小中学生部門は「キキ」が優勝、高校・一般部門は所属の「HYPNOTIZE(ヒプノタイズ)」(5人)が準優勝に輝いた。
 
主に東御市文化会館サンテラスホールリハーサル室でレッスンを行うメンバーは、優勝・準優勝の感激を胸に次の大会に向けて、10日も練習に励んでいた。「キキ」には発足時からのメンバーもおり、ダンス歴はみな6年以上。進学などで、この4人のメンバーで踊れる最後のコンテストに、「優勝できて良かった」「緊張したけど嬉しかった」など、それぞれ感想を話す。
 
そして今、メンバー4人=中島彩乃さん(東部中3年)、阿部ひまりさん(同中2年)、山田莉花さん(上田六中1年)、掘結さん(東小6年)=は、12月9日(日)に上田市のアリオ上田で開く「スーパーキッズダンスコンテスト信州予選」に向け、レッスンに打ち込む。そして「ダンスは楽しい。今後も続けていきたい」と、4人が声を揃えて笑顔で語った。
 
なお同コンテストには全国から小学生部門20チーム、中学生部門20チームが出場予定だ。キッズダンサーの大人顔負けの技、そして愛らしさが楽しめそうだ。
 

▲サンテラスホールで、優勝のメンバー4人とTaiyoさん(写真左)


▲川中島フリーダンスコンテストでの「キキ」


[信州民報:2018年11月15日(木)1面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事

月を選択