1. HOME
  2. ブログ
  3. 【上田市】ARECが「合同企業説明会」ひらく  外国人留学生と地域企業のマッチング

【上田市】ARECが「合同企業説明会」ひらく  外国人留学生と地域企業のマッチング

(一財)浅間リサーチエクステンションセンター(AREC)は10日、上田市の信州大学上田キャンパス内で外国人留学生と地域企業のマッチングを図る、合同企業説明会を開催した。
 
外国人留学生に、グローバルなビジネスを行う企業や国際性を生かして活躍する業界などを知ってもらおうというもの。また企業の人手不足解消にもつなげたいとする。
 
この日は信州大学、長野大学、長野ビジネ外語カレッジ専門学校などに通うネパール、ベトナム、スリランカ出身の留学生ら約40人と県内企業16社が参加している。
 
留学生向けに日本の就職活動についてセミナーを行い、㈱クオリティ・オブ・ライフのプランナー木村守さんが「日本の就職活動の流れと対策」について話し、「日本人と積極的に交流し、日本語力を高めること。能力ではなく準備と対策が大事」と伝えた。
 
企業と大学のプレゼンテーションで、企業は事業内容を説明するとともに採用した外国人の仕事ぶりなどを話す。またランチタイムには交流会を持ち留学生の緊張を解き。その後は個別ブース企業説明会を設け、面談により理解を深めた。
 
AREC・岡田基幸センター長(産学連携コーディネータ)は「企業で働く外国人がプレゼンテーションに参加するなど、企業側の工夫により年々、説明会の内容が充実してきた」とし、「理解が深まれば、マッチングの成功につながる」と話した。


▲全体説明会には留学生らが参加した


[信州民報:2018年11月13日(火)1面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事

月を選択