1. HOME
  2. ブログ
  3. 【上田市】初の試み 丸子中が「地域の魅力を発見する」学習 学校開放日に地域住民ら参加し発表会! テーマは「自然守っていこう」など

【上田市】初の試み 丸子中が「地域の魅力を発見する」学習 学校開放日に地域住民ら参加し発表会! テーマは「自然守っていこう」など

上田市立丸子中学校(宮下昌史校長、生徒264人)は今年度、初の試みで「総合的な学習」で全学年が地域を知り、地域の魅力を発見する学習に取り組んだ。学校開放日の8日は、その集大成として発表会を同校で開催した。
 
全校生徒と保護者、地域の人が集った全体会で宮下校長は「今、21世紀型能力(行動する力・考える力・知る力)が提唱されている」とし、「本校はこれを身に付けるため、総合的な学習を新しくして地域と関わり、学びを深めた」とあいさつ。
 
全体会では、各学年の代表生徒らが「地域の宝を発見しよう」「地域との関わりを考えよう」「地域のあり方を考えよう」をテーマに、学習した内容を発表。「総合的な学習を通し、学校目標の『みずから学ぶ、ともに創る、たくましく生きる』を具現化した」と述べた。
 
その後、8教室に分かれ2、3年生の各グループが学習内容と感想を発表し、保護者らも見学。2年はクラス別見学で訪問した、地域内事業所や職場体験ついて伝える。長瀬保育園を訪問したグループは、保育園の1日の流れや活動などを伝え、「人と関わることの大切さを学んだ」と話した。
 
3年は自然、歴史、産業、各分野での学習成果を発表。「丸子の自然を守っていこう」をテーマにしたグループは、丸子地域に生息する外来種や絶滅危惧種について調査・研究した内容を伝え、河川にあったゴミの写真を示して「地域の生き物を守るため、河原にゴミを捨てないでください」と訴える。
 
生徒らはメモを取りながら熱心に発表を聞き、保護者や地域の人は「良く取り組んだ」と讃え、「学んだことを生かしてほしい」と語った。


▲「丸子の自然を守っていこう」をテーマに発表した3年生


[信州民報:2018年11月10日(土)1面]

2018年11月10日の他記事

■初の試み 丸子中「地域の魅力を発見する」学習 学校開放日に地域住民ら参加し発表会!テーマは「自然守っていこう」など(1面)

■上田城跡公園「上田菊花展」人気 丹精込めた作品400鉢が並ぶ!連日 多くの鑑賞者らでにぎわう(1面)

■9日~ 秋の火災予防運動始まる 出火原因1位は「野火」上田駅真で広報活動行う[上田広域消防](1面)

■上田市「イノシシに注意を」市内で目撃情報2件!御嶽堂上組と浦野地区(1面)

■「花と緑のまちづくりコンク」表彰式「花いっぱい功労者賞」お披露目も・・・上田市(2面)

■上田友の会「家事家計講習会」始まる 回数増やし内容工夫「家計」など話す 上田友の会(2面)

■「春陽会信州研究会展」上田市・サントミューゼ 隔年開催☆11日まで!(2面)

■上田市「上田絵てがみ会」が初の作品展 室賀温泉ささらの湯☆28日まで!(3面)

■上田市「特殊詐欺に注意」市内に不審ハガキ!(3面)

■五十年前の今日の見出し 川西村が合併条件を発表 上田要求何でもきく 部落懇談会で一決すれば早急合併(3面)


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事

月を選択