1. HOME
  2. ブログ
  3. 【東御市】和小4年生が雑木伐採体験など和財産区有林で森林教室ひらく

【東御市】和小4年生が雑木伐採体験など和財産区有林で森林教室ひらく

財産区への理解を深め、森林機能を学んでほしい―と、東御市の和財産区有林で7日、「森林教室」が行われ、市立和小学校(小林政徳校長)4年生約70人が参加した。今年度で9回目だ。
 
森林教室は県上田地域振興局林務課職員、和財産区議会議員ら大人の指導のもと、子どもらが森林機能を学習。模型を使った実験などを通して学ぶとともに、山林で雑木伐採を体験することで山の管理の仕方を学ぼうというもの。
 
雑木の伐採体験では同財産区議員らから注意点など指導を受け、子どもらはノコギリを使って実践。大人から伐採する候補の木が示されると、「切りたい!」と大はしゃぎ。慣れない手つきで始めた作業も、すぐにコツをつかんでていねいな指導を受けながら、安全に作業した。
 
模型を使って森林機能を学ぶ実験では、「岩石地」「はだか地」「森林」それぞれの土壌などを再現した模型に水をかけ、その保水力の違いを確認。「全然違う!」と驚く子どもらに、「岩石地などは水を蓄えられない。災害など多くの雨が降ると違いが出てくる」と、「緑のダム」の大切さを伝えた。
 
小林校長は「身近な自然だが、なかなか山に触れる機会がないので実際に山に入り、山の様子や管理の仕方、森林の役割など体験を通して学んでほしい」と語った。
 

▲雑木伐採を体験する子どもたち


▲模型を使った実験で森林機能を学ぶ様子


[信州民報:2018年11月9日(金)2面]

2018年11月9日の他記事

■上田商工会議所 初企画「上田まちなか空き店舗見学会」宅建上田支部が協力 2日間で140人!(1面)

■上田署 八十二銀行三好町支店に感謝状 特商法違反捜査の協力に対して 防犯意識の高さ事件解決に貢献(1面)

■上田市 イノシシに注意!中丸子で目撃情報(1面)

■東御市 和小4年生が雑木伐採体験など 和財産区有林で森林教室ひらく(2面)

■上田市 青少年育成市民のつどい開催 特別企画「山本鼎パネル展」9日☆上田文化会館(2面)

■上田洋画会が「洋画会展」上田市GASギャラリー10日まで(2面)

■信州再見724 軽井沢心中事件-有島武郎と波多野秋子-(一)相模女子大学名誉教授 志村有弘(2面)

■しなの鉄道 信越線が開業130周年記念 おぎのや 峠の釜めし オリジナル掛け紙付き 発売(2面)
→上田市常田に本社のある、しなの鉄道の話題のため見出しピックアップ

■上田市 県スポーツ少年団顕彰団など表彰「上田ハンドボールクラブスポーツ少年団」と9人が受賞(3面)

■上田市武石ともしび博物館で茶会 紅葉美しい庭園眺めながら「着物着て風情を楽しむ」(3面)

■孫と行く 鹿児島の旅 3泊4日 その5 旅日記番外編 唐船峡 そうめん流し(1)(3面)
→上田市在住の植物画家久保やす子さんが執筆する記事のため見出しピックアップ

■五十年前の今日の見出し 産業都市化した上田 商工業とも四倍超える(3面)

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内で行われたマレットゴルフ、グラウンドゴルフの大会結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事

月を選択