• HOME
  • 記事
  • 信州民報
  • 【上田市 】上田RCが外語学院で出前講座ひらく  職業体験・日本での就労について語る ユーモア交えた語りには笑いも…

【上田市 】上田RCが外語学院で出前講座ひらく  職業体験・日本での就労について語る ユーモア交えた語りには笑いも…

留学生の将来に役立ててもらおう―と、上田ロータリークラブ(上田RC、栁澤日出男会長)は19日、上田市大手のMANABI外語学院で『就労』をテーマに出前講座を行った。会員が自らの職業体験や日本における就労について語るもので、職業奉仕委員会(矢島康夫委員長)による職業奉仕活動の一環として実施、3年目の取り組みだ。

この日は矢島委員長がロータリークラブの奉仕活動について述べ、明治安田生命保険相互会社上田支店・花島秀憲営業部長が、新入社員研修所長の経験から「人間関係やコミュニケーションの上手な取り方」について話す。また社会保険労務士法人・酒井総合事務所の酒井喜雄代表は企業の人事管理のエキスパートとして、「就職、アルバイトにあたって役立つこと」として講演した。


花島さんは「ビジネスでは嫌な人とも関わるが、前向きな気持ちと態度で乗り越えよう」と語り、『伝える』ことについて「『説明』ではなく『プレゼン』により相手の心を動かすこと」と述べる。


また酒井さんは「企業に必要なものは人・モノ・お金」とし、「日本では社会保険労務士が、『人』の働く環境などに関する業務を行っている」と話し、日本の保険制度などを解説して就労に役立つ情報を伝えた。

同外語学院には現在、11カ国143人が在籍して日本語を学んでおり、この日は卒業を控えた約80人が聴講。日本語をよく理解し、ユーモアを交えた語りには笑いが起こり、また関心事には身を乗り出して聴いていた。


藤森幸路学院長は「多くの学生は進学するが、その先にある就職をはじめ、将来に役立つ話をしていただいた」と述べ、横沢康男理事長は「ロータリークラブとの良い交流は、文化理解にも繋がっている」と話した。

▲奉仕活動について語る矢島委員長

[信州民報:2020年2月22日(土)]

《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら

関連記事一覧