1. HOME
  2. ブログ
  3. 中塩田小児童がバザーの収益金をふるさと信州寄付金へ

中塩田小児童がバザーの収益金をふるさと信州寄付金へ

2012年7月24日(火) 信州民報
▼以下引用
県は23日、「ふるさと信州寄付金」に協力した上田市中野の市立中塩田小学校(関茂校長・616人)の5、6年生有志に感謝状を贈った。同校では6月、PTA主催のバザー「盈進まつり」を開催。今年初めて5、6年生有志30人余が子ども店4ブースを出店し、花苗やビーズアクセサリーなどの手作り品を販売した。
収益金の贈呈先は児童らが考え、2ブースの児童らは県を通して小諸市の県動物愛護センター「ハローアニマル」(斉藤富士雄所長)に1万420円を送った。
この日、ハローアニマルの犬「モコちゃん」と同校を訪れた斉藤所長らは、6年生有志代表・東谷麻子さんと5年生有志代表・川本美友さんに、阿部守一県知事名の感謝状を手渡した。
ー中略ー
なお残りの2ブースの児童らは、約8000円の収益金で近くのJA信州うえだ塩田デイサービスセンターにプランターと育てた花を贈った。
▲引用ここまで
中塩田小の児童たちの取り組みすばらしいですね!
PTAバザーの名前「盈進まつり」の「盈進」は「えいしん」と呼びます。
孟子の言葉を引用したもののようです。
詳しくは中塩田小学校のHPに掲載されていましたので、そちらもチェックしてみてくださいね!
上田市立中塩田小学校-盈進とは・・・-
http://www.school.umic.jp/nakashioda/2009/0730-131949.php
(文:mitu)

関連記事

月を選択