1. HOME
  2. ブログ
  3. 信州ハムを書類送検 牛肉偽装容疑 両罰規定を適用

信州ハムを書類送検 牛肉偽装容疑 両罰規定を適用

2012年9月22日(土) 信濃毎日新聞
▼以下転載
上田市の信州ハムが県産黒毛和牛などと装った国産牛肉を販売していた問題で、佐久署と県警生活環境課は21日、不正競争防止法違反の疑い(品質などを誤認させる行為)で、同社の書類を長野地検に送った。同署などは、同社から食肉加工業務を委託する協同組合信州ミートパッカー佐久加工センター(佐久市)の男性職員2人を同法違反容疑で既に逮捕、送検しているが、2人の管理責任が信州ハムにあると判断。行為者と共に所属する会社の責任を問う同法の両罰規定を適用した。
送検容疑はことし1月上旬ごろから2月上旬ごろにかけて40回にわたり国内産交雑種の牛肉に「黒毛和牛」と印刷したラベルを、北海道産ホルスタイン種の牛肉に「長野県産黒毛和牛」と印刷したラベルをそれぞれ貼って静岡県などのスーパーマーケットへ計26回、計約600キログラムを計約160万円で販売した疑い。
同課は、逮捕されたミートパッカーの甘利哲容疑者(38)、神津栄次容疑者(38)の2人が、信州ハムから受託していた食肉加工業務だけでなく、実際は信州ハムが担うはずの牛肉の販売なども担当していたと指摘。2人が信州ハムから出向していた点なども考慮し、同社に管理責任があると判断した。
同課は押収した資料や会社関係者の証言などから、在庫処理のための偽装が数年前から行われていたとみており、ある捜査関係者は「職員には在庫をさばけというプレッシャーが会社からあったようだ」と言う。ただ、同課は「捜査の結果、具体的な偽装指示があったとは言えない」とした。
信州ハム総務部は「書類送検された事実を重く受け止めている。今月中にも中村幸男社長が出席して記者会見を開き、再発防止策や事件当時の管理態勢について説明したい」としている。
同社は今回の事件を受け、今月末にも精肉事業から撤退し、ハムやソーセージといった加工肉の製造、販売事業などに専念する方針を明らかにしている。
▲転載ここまで
信州ハムが業務委託していた協同組合信州ミートパッカー佐久加工センターで行われていた牛肉の表示偽装について、信州ハムも書類送検されたという記事でした。
信州ハムは上田でも大きな会社の一つです。
今後は加工肉の製造、販売事業などに専念するとのことのようです。
今後このようなことがないようにぜひ頑張っていただきたいです。
(文:mitu)

関連記事

月を選択