• HOME
  • 記事
  • 50年前記事
  • 【50年前】エベレストにホテル建設 青木村生まれの山男 クリスマスころにオープン

【50年前】エベレストにホテル建設 青木村生まれの山男 クリスマスころにオープン

信州民報に掲載された50年前の今日の見出しをご紹介するコーナー。新聞記事でタイムスリップしてみましょう。

<昭和45年8月 第6471號>

▼エベレストにホテル建設 青木村生まれの山男 クリスマスころにオープン

小県郡青木村生まれの青年が、ネパール政府の援助を受けてエベレスト山ろくにホテルを建設中なので、単に国内だけでなく、全世界の山男たちの話題となっている。話題の主は、青木村田沢温泉富士屋ホテルの次男坊で日大山岳部OBの宮原たかし氏(三五)。八年前母校のヒマラヤ遠征隊にOBとして参加したのがヒマラヤにとりつかれるきっかけとなった。その後四十一年にはひとりでネパールを訪れたが、そのとき「何らかの形でネパール人のために貢献したい」と感じ、それまで勤務していた会社を辞めてネパール国の通産省に勤め、中小企業の技術プランナーとなった。そして三年…

▼電鉄の鉄橋を利用=大屋橋の緊急バイパス

上田市大屋と丸子町との交通渋滞を早急に緩和するため、とりあえず上田交通の電車線の鉄橋を利用することになり、上田交通もこれに協力することになったので、大屋橋改修促進期成同盟会を開いて協議の結果、上田・丸子両市町が主体となって工事を進めることを確約、直ちに県へ補助申請を出すことになった。この工事は上田交通が廃止した丸子線の鉄橋を補強して、乗用車が一方通行できるようにするもので、工費は両側の取り付け道路の分を含めて二千五百万円から四千万円ぐらいの見込み。上田と丸子の分担をどのくらいにするか…

▼時季外れの成人式=真田町で十五日に 

真田町公民館主催の同町成人式は十五日午前十時から真田中学体育館で開催された。ことし成人となった若者二百九十一人中、集まった者二百人。昨年一月と違って振り袖姿の女性は一人もなく、みんな軽装…

▼川をきれいに

【田中】毎年盆がすむと生霊棚やお供え物を千曲川に捨てるのが不衛生だし、水害の原因にもなるという苦情が出て、東部町では有線放送や広報を通じて「千曲川に捨てないよう、捨てればホトケさまも浮かばれまい」と呼びかけることに…

▼東部町の新庁舎=八月末に完成移転

【田中】東部町役場の新庁舎は内外装とも大体出来上がり今は細部工事をしているが、三十一日には引っ越し、旧庁舎は九月一日から住民センター…

関連記事一覧