1. HOME
  2. ブログ
  3. 【上田市】川西公民館 「からだリセットプログラム」好評! 思いっきり声を出してストレスを解消

【上田市】川西公民館 「からだリセットプログラム」好評! 思いっきり声を出してストレスを解消

▲下平さんの指導、清水さんの伴奏で、歌を楽しむ

音楽で地域を元気にしたい―と、上田市川西公民館は2日、「思いっきり歌って声をだして からだリセットプログラム」を同公民館大ホールで開催。小諸市在住のソプラノ歌手・下平真弓さんと、市内在住のピアノ奏者・清水裕美さんが講師を務め、ミニコンサートと発声・歌唱指導を行った。
 
会場には、地元住民のほか千曲市や長和町など周辺各地から約70人が参加。プロの演奏を楽しみ、自らも歌い、心をリフレッシュさせた。下平さんは『浜辺の歌』など3曲を歌ってソプラノの魅力を伝え、清水さんはショパンの『夜想曲』などを弾いて、音楽の素晴らしさを伝える。
 
参加者の体験では、最初に「良い発声」のための筋肉をほぐす体操を行い、続いて歌う姿勢と呼吸法を伝授。身体全体を使い、楽しく歌う方法を伝えながら『埴生の宿』『旅愁』などの唱歌、『いつでも夢を』『川の流れのように』などの昭和歌謡を指揮と伴奏でリードし、参加者は気持ちよく声を出してホール全体に歌声が響き渡った。
 
今企画は「音楽でリラックスし、思いっきり声を出すことでストレスを解消して、自分自身を元気にしよう」を目的に、川西まるごとプロジェクトとして昨年度から実施。今回が通算3回目で、今年度は春(5月)の開催時に「またやってほしい」との声が多かったことから、秋も開催することとした。「前回楽しくて、心も体も元気になったので、また来た」と話す参加者も多く、歌声の輪が広がっている。


[信州民報:2019年10月5日(土)]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]

関連記事

月を選択