1. HOME
  2. ブログ
  3. 【東御市内】自動車総連が「笑明日(えみあす)」に「車」贈る 福祉カンパで集めた募金を活用して… 岩田施設長「車を活用し利便性図る」

【東御市内】自動車総連が「笑明日(えみあす)」に「車」贈る 福祉カンパで集めた募金を活用して… 岩田施設長「車を活用し利便性図る」

▲財津吉崇議長から岩田広子施設長に車両キーを贈呈。うしろの車両が贈られた「ホンダフリード6人乗り」

自動車総連=全日本自動車産業労働組合総連合会=(全国組合員77万9000人)は3日、車両を東御市のNPO法人「笑明日(えみあす)」(間島睦子理事長)に贈った。同総連は毎年、「福祉カンパ」で集めた募金を福祉活動の一環として活用。全国の福祉事業所に車両や物品を贈呈する活動をしている。
 
贈呈式は市内八重原の事業所前で行われ、同総連の財津吉崇議長が「送迎用の車両を贈る。地域の皆さんに笑顔になってもらい幸せになってほしい」とあいさつ。岩田広子施設長は「車が必要なので本当に有り難い。一人ひとりを大切に、この車を活用して利用者さんの利便性を図りたい。大事に使わせていただきます」と謝辞を述べた。この後、財津議長から岩田施設長へ車両キーや目録が手渡され、同法人からは感謝を込めた「手作りの花」が贈られた。
 
自動車総連は、労働組合の立場から積極的に福祉活動を推進。その一つの形が「福祉カンパ」で毎年、職場の組合員に諮り活動を進める。車両寄贈は1985年から開始し、毎年各労連(12労連)に選定を依頼して各労連からの推薦を受けて決定。今年2月に開所した「笑明日」も選ばれて寄贈となった。東御市内施設への贈呈は初めてという。


[信州民報:2019年10月4日(金)]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]

関連記事

月を選択