1. HOME
  2. ブログ
  3. 上田さつき会が花季展示会 今日まで上田市中央公民館

上田さつき会が花季展示会 今日まで上田市中央公民館

上田さつき会(塚田修会長、会員24人)は今日2日(日)まで、上田市材木町の市中央公民館正面ホールで「第56回上田さつき会花季展示会」を開催中だ。
 
会場には、会員らが1年間丹精込めて育てたサツキの鉢植え約40鉢が並び、赤や白、ピンクの花を咲かせている。つぼみが多い鉢もあるが展示するサツキは、ほとんどが樹齢50~60年ほどのもので、幹も太く堂々とした姿だ。なかには樹齢70~80年にもなる、迫力あるサツキも花を咲かせ会場を彩っている。
 
同会・瀧澤英一副代表は「今年は3月の寒さや5月の暑さなどの影響で10日ほど花季が遅れているが、会員らは風呂の湯気などでサツキを温めて花季を調整し、仕上げてきている」とし、「会員はみな、熟練してきているので枝づくりなども見どころ」と話した。
 
展示時間は午前9時~午後5時(ただし最終日は午後3時まで)。入場無料。また展示期間中の会場では、サツキの手入れ講習も随時行い、鉢を持ち込んで講習を受けることも可能だ。
 

▲サツキの見どころを解説する瀧澤英一副代表


[信州民報:2019年6月2日(日)]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]
 

関連記事

月を選択