1. HOME
  2. ブログ
  3. 【上田署】長きにわたり交通安全に貢献 上田安協中央部会 田中部会長が受賞!

【上田署】長きにわたり交通安全に貢献 上田安協中央部会 田中部会長が受賞!


▲(写真右から)井坪祐二交通課長、宮澤郁夫・上田安協会長、田中さん、中山署長
 
多年にわたり交通安全に貢献した―として、上田市の上田交通安全協会中央部会長・田中和志さん(76、上田市中央4)が関東管区警察局長および関東交通安全協会連合会長の連名表彰を受賞。16日、上田警察署で中山雄一郎署長に喜びの報告をした。
 
田中さんは、昭和42年から同部会新田支会新田分会長として安協の活動に関わり、平成20年に支会長に、平成27年からは部会長として約50年余の長きにわたり、安協の活動を推進。功労者として、6年には県警・県安協連合会長連名表彰そ、17年には交通栄誉章緑十字銅章表彰を、24年には県交通安全推進本部顕彰を受賞した。
 
表彰式は前日15日、さいたま市で挙行。報告を受け、中山署長は「田中さんが最初に安協に関わった頃は交通戦争が社会問題化された時代」と振り返り、交通安全運動や祭りで不在になる田中さんの家族の苦労をいたわりながら、「ボランティアとしての皆さんの地道な活動に頭が下がる」と称えた。
 
取材に、「中央部会は上田駅から新田まで市の中央を担当し、出る機会も多いが高齢化で人集めが大変。若い人に入ってほしい」と田中さん。「受賞はうれしい反面、責任の重みを感じる」とし、運転については「事故を無くすには、相手を思って運転すること」と、日ごろの思いを話した。
 
今回、県内の功労部門表彰者は16人と2団体。依田窪交通安全協会からは30年余にわたり同安協に関わり、副女性部長も務めた柳沢久美子さん(65、塩川)が表彰を受けている。
 


[信州民報:2019年5月19日(日)]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]
 

関連記事

月を選択