1. HOME
  2. ブログ
  3. 平成から令和へ 御朱印・御城印求める人が長い列 眞田神社で紅白まんじゅう配る!上田城跡公園

平成から令和へ 御朱印・御城印求める人が長い列 眞田神社で紅白まんじゅう配る!上田城跡公園

平成最後の4月30日と令和元年最初の5月1日、上田市の上田城跡公園内・眞田神社では参詣者に紅白まんじゅう各150個を配った。

大型連休で込み合う城跡公園。真田神社は、平成最後と令和最初の日付が入った御朱印・御城印を求める人で、東虎口楼門まで長い列が伸びる。紅白まんじゅう配布の告知放送が流れるとアッという間に人が並び、総代会役員らが「慶祝 平成31年、令和元年」と記された饅頭を手渡した。
 
一番乗りは、さいたま市の宮入智さん一家。ニコニコ顔で受け取った長女・琴音さん(9)と次女・結音さん(7)は「うれしい」と声を揃え、琴音さんは「音楽の先生になりたい」、結音さんは「獣医さんになりたい」とし、夢が叶えられると喜んでいた。
 

▲込み合う上田城跡公園・東虎口稲門前広場
 

▲紅白饅頭を受け取る宮入さん
 


[信州民報:2019年5月3日(金)]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]
 

関連記事

月を選択