1. HOME
  2. ブログ
  3. 【上小漁協】大型連休に渓流釣り楽しんで!依田川上流にヤマメ300㌔放流

【上小漁協】大型連休に渓流釣り楽しんで!依田川上流にヤマメ300㌔放流

大型連休に渓流釣りを楽しんでもらおう―と、上小漁業協同組合(松田耕治組合長)は25日、長和町の依田川上流にヤマメ300㌔を放流した。
 
同所でのヤマメ放流は、これまでは和田へ向かう大和橋より上の依田川支流・大門川と和田川で行っていたが、川幅のある依田川に今年初めて変更した。松田組合長は「支流だと川が狭くて、数人の釣り人しか楽しめない。この川なら両側から釣り糸を垂らせる」と話す。
 
この日、集まった組合員らはヤマメを小分けにし、大和橋から下流約500㍍間の依田川15カ所に時間をかけて放流。ヤマメは体長20㌢近く、100㌘ほど。また50㌢、1㌔ほどの大きなイワナ20尾も放ち、組合員らは「釣れたら大喜びだろうが、釣り糸が切れたりしてなかなか釣れない」と笑顔を見せる。
 
同組合では2月には管内の全渓流に425㌔を放流しており、ヤマメの放流は今年2回目。あす27日(土)には神川や武石川、内村川など依田川以外の渓流にヤマメ480㌔を。さらに5月4日(土)には全渓流にイワナ780㌔を放流し、渓流釣りファンを喜ばせるという。
 
松田組合長は「大型連休を楽しんでもらえればうれしい」としながら、「釣り堀と違って自然の河川を利用した渓流漁場だから、足元に気をつけて釣ってほしい」と話した。渓流釣り鑑札は日釣り券1300円、年券6400円。渓流近くのコンビニなどで売っている。なお依田川の渓流釣りの場合は、大和橋手前の長門電材工業㈱の駐車場に駐車できる。
 

▲渓流に放たれるヤマメ
 


[信州民報:2019年4月26日(金)]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]
 

関連記事

月を選択