【県議選】上田市・小県郡区 新人の山田英喜氏 出馬へ

今春の県議選(3月29日告示、4月7日投開票)上田市・小県郡区(定数4)に出馬の意向を示していた、新人の山田英喜氏(34、無所属)=上田市上野=は14日、市内で記者会見し「スピード感を持って新たな時代を切り拓いていかれるよう、全力で挑戦していく」と、正式に出馬表明した。
 
山田氏は、出馬に至った経緯について「この地域の県議選が2回続けて無投票は避けなければと思った」とし、「市議として約5年間活動するなか、県とつながっていかなければと思う部分が多くあった。県議として市議と連携を図りながら進めていきたい」と力を込める。
 
政策としては福祉、子育て、観光、産業振興などを挙げ、地元からの要望も多い通院弱者・買い物弱者対策では「まだ課題はある。将来を見据えて解決策を見つけたい」とし、産業振興では「地元の高校・大学と企業との合同就職説明会などで、企業と人材のつながりを考える。キャリアアップ支援も行いたい」とした。
 
山田氏は現在、上田市議2期目で、今日15日(金)に上田市議の辞職願届を提出する。


▲記者会見で出馬表明した山田英喜氏


[信州民報:2019年2月15日(金)1面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]
 

関連記事一覧