【上田署】「110番の日」一日署長就任 なでしこリーグ 横山久美さん 小泉玲奈さん アリオ上田店でアピール!

「110番の日」の1月10日、日本女子サッカーリーグ・なでしこリーグ1部所属で、長野市を本拠地とするAC長野パルセイロレディースの横山久美(25)選手、小泉玲奈(24)選手が上田警察署の一日署長に就任。アリオ上田店で、イベントを通じて「110番の日」をアピールした。
 
上田署で山本邦男署長から委嘱状を受けた2人は署前庭で、県警から警察犬の嘱託を受けた指導手・松山英一さんにドックフードをプレゼント=関連記事左記掲載=。さらに署員約100人の服装や警棒、手錠、拳銃などの携帯品がきちんとしているかどうか、通常点検を実施した。2人は取材に、「光栄」「身の引き締まる思い」と話す。
 
続いてアリオ上田店・太陽のコートに移動し、山本署長と共に「僕たちの 安心つなぐ 110番」の平成31年110番標語をくすだまを割って表示。さらに「110番の正しい利用」を紹介する問答を行ったり、警察の担当別電話番号の書かれたファイルを配ったりし、緊急通報用番号110番の正しい利用を訴えた。
 
イベントはソフトバンクのロボット・ペッパーが集客を担い、「真田パパ丸」や「真田幸丸」、県警のゆるキャラ「ライポ君」も参加。上田交通安全協会女性部は交通安全啓発のグッズを配布し、サッカー日本女子代表・横山選手らと一緒に記念写真を撮る市民らも多く見られた。
 
昨年1年間の「110番」件数は上田署管内で約7000件、県全体では約9万件だ。そのうち上田署管内で約700件、全県で約2万件が緊急を要さない「110番」だという。上田署では「急を要さない110番は控え、警察署に直接(22―0110)か相談専用電話(#9110)にかけてほしい」と話している。
 

▲山本署長(写真中央)と一日警察署長の横山さん(写真右)、小泉さん(写真左)
 

▲くすだまを開いて「110番の日」の標語を表示した


[信州民報:2019年1月11日(金)2面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]
 

関連記事一覧