【上田創造館】恒例の「凧展」開催中 「真田幸村」大凧も… 来年1月13日まで!

上田市の上田創造館1階エントランスホールで現在、「凧展」が開催中だ。期間は来年1月13日(日)まで。
 
エントランスの壁には信州常田凧保存会の協力で、約40の大小様々な凧がずらりと並ぶ。凧のデザインは武者絵やだるま、常田獅子のほかディズニーキャラクター、「アンパンマン」「ドラえもん」「鉄腕アトム」など人気アニメのキャラクターがデザインされたものも、多く展示されている。
 
なかには真田幸村をデザインした大型で大迫力の凧もあり、訪れた人は「大きな凧は迫力がある。正月気分が味わえて良い」などと話し、鑑賞していた。なお信州常田凧保存会は1988年、市内常田地区に住む凧作り愛好家20人ほどで結成。毎年、全国レベルの凧上げ大会に出場して好成績を収めているほか、凧作りを通じて青少年の健全育成に貢献している。
 
期間中の展示は午前9時~午後10時(上田創造館の開館時間中)。12月29日(土)~来年1月3日(木)は休館。
 

▲真田幸村をデザインした大型の凧や武者絵が描かれた凧が展示されている


[信州民報:2018年12月28日(金)2面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事一覧