【上田市】日本の広場を明るくする会 ソーラーLED外灯を贈る

上田市の「日本の広場を明るくする会」(坂下丈夫会長)は20日、贈呈したソーラーLED外灯1基の目録を市役所で土屋陽一市長に渡した。
 
同会は「防犯対策で広場や道路を明るくしたい」と、8月に設立。坂下会長と岩崎建雄副会長、製造・設置者の清水政幸さん(㈱アイエール電器、群馬県)で活動を始め、自治体に寄贈している。11月8日に、上田原の長池公園広場北東側に同外灯を設置した。
 
坂下会長は「外灯は高性能・高品質で設置も簡単」とし、「住民の安心・安全を守るため活用してほしいと、地元市町村に寄贈することにした」と説明。清水さんは「オールステンレスで錆びに強く蓄電機能にも優れ、雪国対応としてGPSタイマーで設定した時刻で点灯・消灯する。雪によるトラブルもない」と特徴を伝えると、土屋市長から感謝の言葉があった。
 
なお同会は今年、上田市のほか佐久市、小海町、長和町、青木村、東御市に同様のソーラーLED外灯を寄贈。近々、東御市で設置工事を行う予定で、これで全ての設置が完了するという。


▲坂下会長(写真右から2人目)らが土屋市長に目録を贈呈した


[信州民報:2018年11月22日(木)1面]

2018年11月22日の他記事

■長和町 災害の相互協力協定と要配慮者の緊急受け入れ合同調印行う 羽田町長「高齢化進む町にとって重要」(1面)

■信州とうみ観光協会 湯の丸スキー場冬山安全祈願祭 スキー場開き 1日遅れの24日(1面)

■上田市 日本の広場を明るくする会 ソーラーLED外灯を贈る(1面)

■丸子修学館高「AKI市&農産物販売」大盛況 若い力が創り出す“にぎわい”喜ぶ 上田市丸子地域(2面)

■県建設業協会上小支部など 研修会と意見交換会行う 上田市・上小建設会館(2面)

■上田市 生涯楽習「「上田自由塾」6回の公開講座ひらく!最終回は「寝たまま体操」(2面)

■信州再見726「異説・軽井沢心中」相模女子大学名誉教授 志村有弘(2面)

■青木村「信州・青木村ふるさと景観100選」村内外から153点の応募 入選作品決まる(3面)

■「きゃさりんの手ずくな展」東御市・ギャラリー茶楽庵(3面)

■五十年前の今日の見出し 町内発展 邪魔になるお寺 横町などが整理の対象(3面)

■市役所生け花(3面)
→長野県華道教育会上田支部提供 池坊 宮入勝江さんの作品が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事一覧