世界糖尿病デー 丸子中央病院でブルーライトアップ! モニュメントにブルーの輪写し出す

11月14日の「世界糖尿病デー」に合わせ、シンボルマーク「ブルーサークル」でブルーライトアップし、啓発する活動が各地で行われている。
 
上田市中丸子の丸子中央病院(勝山努病院長)は、「ブルーライトアップ」点灯式を実施。この日、エントランスホールで入院・外来患者らも参加し、式を行った。
 
同病院では今回、初の試みでエントランスホール上部壁面にあるモニュメント「ビッグツリー」に向け、ブルーサークルを映し出すプロジェクションマッピングを実施。「共に考えよう 共に支えよう 私たちは青い空でつながっている」との思いを子ども、大人、高齢者が手をつなぎ輪になったブルーサークルに込めて演出した。
 
カウントダウンで総合受付のサークル、ホール脇にあるツリーのブルー電飾を点灯。勝山病院長は「糖尿病は色々な病気の入口。でも、ちゃんとコントロールすれば天寿を全うできる。世界中で行うブルーサイトアップで気持ちを新たに、糖尿病について考え向き合ってほしい」とあいさつ。
 
同病院・糖尿病友の会「やまぶきの会」宮坂美代子会長は「どこまでも続く空を表すブルー、団結を表す輪。このイベントで糖尿病予防や治療連続の重要性に関心を持ち、正しい知識を習得し、周りの人にも伝えていってほしい」と述べた。
 
同病院では糖尿病認定看護師・千野順子さんを中心とする「糖尿病透析予防チーム」が、2カ月ごとに学習会を開催。この日は、糖尿病センター長・大房裕和医師が糖尿病について様々な角度から解説し、保健師・高柳冨美江さんが糖尿病腎症について話し、50人ほどが聴講した。
 
千野看護師は「病気を持ちながらも、その人らしく生活できるようバックアップしていく」と語った。なおエントランスホールのブルーライトアップは21日(水)まで。また屋上の『丸子中央病院』ロゴも18日(日)まで、ブルーにライトアップする。


▲エントランスホールの「ビッグツリー・ブルーサークル」と「ツリー・ライトアップ」


▲「丸子中央病院」のロゴは18日までブルーライトアップする


[信州民報:2018年11月18日(日)2面]

2018年11月18日の他記事

■上田菅平IC料金所「安全運転でお願いします」神科第一保園児がプレゼント ドライバーにリンゴ渡し啓発(1面)

■上田税務署「税を考える週間」に高校生が取材 上田染谷丘高校・上田西高6人が税を質問(1面)

■東御市 長野救命医療専門学校 野球部が全国大会出場 花岡市長に決意を報告(1面)

■上田市 ARECと次世代イノベーションセンター 県内5金融機関と「包括連携協定」締結!先月下旬から「LINE」も立ち上げ(2面)

■県勢功労者知事感謝状を伝達 青色申告会 連合会副会長 土屋さんに贈る(2面)

■世界糖尿病デー 丸子中央病院でブルーライトアップ!モニュメントにブルーの輪映し出す(2面)

■東御市の唐沢農機サービスらくらくHPサービス開始(2面)

■上田市「ことぶき大学大学院」授業一般公開 郷土史家・益子さんが上田の祭り語る(3面)

■上田市 おひさまクラブ幼稚園 がらくた座人形劇観賞「命の大切さ」感じて(3面)

■上田市 センゴク・ドリームカップ20チーム・300人参加!来年は「第15回記念大会」(3面)

■五十年前の今日の見出し 多額の借金に悩む塩田町 上田市へ合併の声 双方に反対と慎重論(3面)

■北川鉄平のシネマ・プラス・1(ワン)~映画雑感 2018-11~上田の映画祭は本日まで。そしてフランシス・レイさんの逝去(4面)

■『千曲』167号ふるさとに学ぶ 東信史学会発行(4面)

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内で行われたマレットゴルフ大会の結果が掲載

■川柳六文銭 11月号発行(4面)
→川柳六文銭上田吟社の話題のため見出しピックアップ


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事一覧