【上田市】「全国発酵食品サミット」初参加 『うえだ発酵4姉妹トークショー』行う 長野市で16~18日ひらく!

「全国発酵食品サミットin NAGANO」は16日(金)~18日(日)、長野市で開催。同サミットへ初参加の上田市は、「うえだ発酵4姉妹トークショー」など、多彩なイベントを行う。市農産物マーケティング推進室担当者は「上田市は発酵で女性がリードしている。発酵で輝くまちづくりをアピールしていきたい」と話す。
 
同サミットは、全国発酵のまちづくりネットワーク協議会(会長=小泉武夫・東京農大名誉教授)を構成する自治体を中心に、発酵文化に関する講演会やパネルディスカッション、発酵食品の展示販売などを行うもの。上田市は昨年度、同協議会に加盟した。
 
うえだ発酵4姉妹トークショーは、市内の日本酒、味噌、甘酒の女性造り手が発酵のある暮らしの魅力を語る。出演するのは原有紀さん(原商店、甘酒製造責任者)、岡崎美都里さん(岡崎酒造㈱、杜氏)、市川絢子さん(武田味噌醸造㈱、みそソムリエ)、若林真実さん(若林醸造㈱、杜氏)の4女性。司会は市農産物マーケティング推進室・長谷川正之さんが務める。日時は17日(土)午後1時30分~2時30分、ホクト文化ホール小ホールで開く。
 
また野外ステージでは、市内の㈱ずくだせ農場と筑波大学山岳科学センター菅平高原実験所による、発酵食品の共同開発について紹介する。両者は共同研究契約を締結し、上田市に古くから伝わる大豆の地域品種『こうじいらず(大豆)』を原料とした、『濃厚発酵豆腐』の開発を進めており、その成果の一部を話す。
 
他にも「信州発酵・長寿マルシェの出展」では、地域おこし協力隊員による地域の発酵食品の販売と地域の魅力PR、市内柳町通りで発酵関係に取り組む岡崎酒造、ルヴァン、武田味噌、はすみふぁーむの出展。「キッチンカーの販売」には、ずくだせ農場が馬肉うどん販売、稲倉の棚田米栽培と醸造による日本酒造りの記録を映画にした『一献の彼方に』上映も行う。
 
問い合わせは市農産物マーケティング推進室℡21―0053へ。


▲「うえだ発酵4姉妹トークショー」に出演する4人の女性


[信州民報:2018年11月16日(金)1面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事一覧