【上田市】「風の工房」展示会3会場で開催  アート&ものづくり活動を紹介! 自然を大胆な構図で描いた作品も…

上田市真田町の障がい者自立支援・生活介護施設「風の工房」=(福)かりがね福祉会=は、「風の工房展示会」を3会場で順次、開催する。現在、最初の会場・市内真田町長のライフステージかりがね・コミュニティーカフェで開催中だ。
 
同展示会は、風の工房に通う人の「アート&ものづくり活動」を紹介するもので、「ひろがる・つながる・まっぴろげ・作品展」とし、絵画や造形作品を展示する。「3会場にひろがり、展示がつながり、ものづくりのまっぴろげな姿を感じてほしい」という。
 
ライフステージかりがね・コミュニティーカフェには動物や山、樹木などの自然を大胆な構図やタッチ、色で描いた作品を展示。「工房に来ると必ず色を決めて描く」という作品は、同じ形で違う色の「クジラの絵」を並べた。他にも水彩絵の具の淡く薄い色彩で描いた風景画、独特の色彩で描いた山の絵、色とりどりの丸シールを貼った作品などがある。
 
作品を鑑賞した人は視点、感性、表現などに驚くと同時に、作品の可能性を伝える。なおライフステージかりがねは生活介護・入所施設のため、「鑑賞の際は受付に声掛けをしてください」とのこと。展示会場など詳細は次の通り。
 
▽ライフステージかりがね・コミュニティーカフェ=12月6日(木)まで、午前9時~午後5時、土・日曜と祝日は休み。
▽カフェ&ギャラリーSaan(市内真田町長)=19日(月)~12月6日(木)、午前11時~午後5時、日曜休み。
▽Books&Cafe NABO(市内中央2)=21日(水)~12月17日(月)、午前10時~午後9時、火曜休み。
 
また12月9日(日)は、Books&Cafe NABOで「風の工房軽トラ市」を開催。「気持ちばかりの投げ銭制で、作品などを譲渡する計画もある」という。


▲ライフステージかりがねの展示


[信州民報:2018年11月14日(水)1面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事一覧