【上田市】上小トラック協会が寄付 上田交通安全協会に贈る

上小トラック協会(岡田宝正会長)は、このほどのイベント「トラックの日」で集まった募金や飲食物の売上金を、上田交通安全協会(宮澤郁夫会長)に寄付するとして9日、上田警察署で寄付贈呈式が行われた。
 
この日、同トラック協会役員や県トラック協会役員らとともに同署を訪れた、岡田会長は「上田市では悲惨な事故が絶え間なくあり、それを一つでも無くすよう交通安全協会に使っていただき、明るい社会にしてほしい」と話し、宮澤会長に目録を手渡した。同トラック協会の寄付は、今年で2回目だ。
 
今回は31万8341円を寄付し、目録を受け取った宮澤会長は「大変多くの金額を寄付していただいた」と感謝の言葉を伝え、「将来ある子どもたちが悲惨な交通事故に遭わないよう、また交通事故がない地域にするために役立てたい。活動に有効活用することを約束する」と話し、上小トラック協会に感謝状を贈呈した。
 
同安協では昨年の寄付金で交通安全の啓発DVDを購入しており、今回の寄付金は交通安全を呼びかける横断幕の購入に充てる予定だという。
 

▲寄付金贈呈式の様子。(写真左から)宮澤会長、岡田会長、(写真奥は)トラック協会関係者


[信州民報:2018年11月13日(火)1面]


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]/a>
 

関連記事一覧