2018
11.04

【上田市】上田千曲高同窓会「千曲シンポジウム」 世界的工業デザイナー・奥山さん語る!若林同窓会長「地域経済発展に貢献を」

ニュース, 信州民報

上田市の上田千曲高校同窓会(若林邦彦会長)は31日、第1回「千曲シンポジウム」を市内サントミューゼで開催。世界的工業デザイナーで、高級スポーツカー・フェラーリのデザインなどを手掛ける奥山清行さんが講師を務め、「デザインとモノづくり」と題して講演した。
 
同高は昨年、開校100周年を迎えて多くの記念事業を実施。その中に太陽光発電設置もあった。その売電収入が得られたことから、「本校生徒らに還元したいと企画した。千曲高の将来像を描くために開く」と、若林会長は話す。
 
またシンポジウムに先がけ信大、長大、県工科短大と同高が地域に役立つ教育機関として連携を進めていくことで合意。その最初の事業が、今回の講演会となる。
 
この日、会場には同高生徒や信大、長大、県工科短大の学生ら計900人ほどが参加。奥山さんは映像を使い、デザインに取り組むまでの自らの経歴から語り始める。そして「学ぶ力、伝える力、いろいろな力を通して自分が世界を変えられるということを伝えたい」とし、個人力と団体力、伝達力などについて細かく話した。
 
さらに「世の中に発信していく中で、信念を忘れてはいけない」と伝え、「人間は一生、学べる。チャレンジする人に」と呼びかけ、締めくくった。シンポジウムでは会場からの質問も受け、生徒からの「自分をプロだと思ったのはいつですか」の問いには、ていねいに「お金をもらい始めた時」と答えた。
 
若林会長は「重要なことは活力ある産業を維持し、新たな産業を生みだしていくこと。そのためには、優秀な人材を生み出す教育と環境を整えていくことが大事」とし、「国際化が進むなか、4学校が連携して地域経済の発展に貢献できるよう開いた。国際化が進むなか、講演は役に立ったと思う」とした。


▲あいさつする若林邦彦同窓会長


▲講演する世界的工業デザイナーの奥山清行さん


▲会場には生徒や学生らが参加した


[信州民報:2018年11月4日(日)1面]

2018年11月4日の他記事

■上田市 上田千曲高同窓会「千曲シンポジウム」世界的工業デザイナー・奥山さん語る!若林同窓会長「地域経済発展に貢献を」(1面)

■上田市 寺山修司とアングラ演劇傑作ポスター展 サントミューゼなど市内4会場で開催中(1面)

■上田市 指名競争入札を中止(1面)

■秋の叙勲(学)成田会理事長 成田守夫さん(70)上田市秋和 藍綬褒章「好きな子どものために」(2面)

■秋の叙勲(一社)21世紀ニュービジネス協議会会長 若林順平さん(49)上田市中央1 藍綬褒章「長野型ビジネスを大事に」(2面)

■秋の叙勲 元公立高等学校長 河面清さん(70)上田市御所 瑞宝小綬章「卒業式を迎える嬉しさは」(2面)

■秋の叙勲 元公立中学校長 小市正輝さん(71)上田市真田町本原 瑞宝双光章「子どもたちにも恵まれて」(2面)

■秋の叙勲 元公立小学校長 廣川岩男さん(71)上田市武石小沢根 瑞宝双光章「人の気持ちがわかる人に」(3面)

■秋の叙勲 元上田市消防団団長 和田道明さん(60)上田市中央2 瑞宝単光章「上田市消防団スタイルで」(3面)

■文芸コーナー(4面)
→上田市内で俳句に親しむ方々の句が掲載

■東信州次世代イノベーションセンター LINE@アカウント解説 情報発信(4面)

■上田保健福祉事務所「迷い犬保護」お知らせ(4面)


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]