2018
11.02

【鹿教湯温泉】「地域の良さ・課題を発見しよう」 鹿教湯温泉でポールウォーキング!信州上田地域 健康パーク推進協

ニュース, 信州民報

信州上田地域健康パーク(上田地域型ヘルスツーリズム)推進協議会(会長=長大副学長・禹在勇教授)はこのほど、上田市鹿教湯温泉交流センターやその周辺で開催。観光関連団体や学識経験者、行政、大学生ら約40人が参加した。
 
同協議会は、官民学協働で設置。上田地域の温泉や高原など資源を活かしながら、「旅」をきっかけに健やかになれる、「体験型・滞在型・周遊型」観光コンテンツの充実を図ろうというもの。
 
本格的活動は今回が初めてで、この日は〟地域の良さ・課題を発見しよう〝と、参加者によるポールウォーキング体験で秋深まる鹿教湯温泉を巡った。また会議はワークショップ形式で、地域の活性化に向けて必要な取り組みなどを議論した。
 
ポールウォーキング体験では、同協事務局の県上田地域振興局・佐藤則之局長が「いろんな地域を見て学び、外からの目線で意見を出すのが役割。地域の良さなどを発表してほしい」とあいさつ。その後、ポールを手にした参加者らは、トレーナーの指導でポールウォーキングの仕方を学習。現在はあまり活用されていないウォーキングコースなど、約2時間かけて視察した。
 
禹会長は「それぞれの地域に出向いて歩きながらメリット・デメリットを発見し、それを持って地元のみなさんと議論を深める」とし、「問題点からは県がサポートできる部分も抽出し、地域活性化の方法を検討・提案する中で、健康パークとしてのあり方を検討していく」と方針を語った。なお次回は12月17日(月)、別所温泉で開催。現地視察と地域特性をテーマに検討する。
 

▲トレーナーの案内で、参加者らが地域を巡る


[信州民報:2018年11月2日(金)2面]

2018年11月2日の他記事

■おめでとう!秋の褒章 藍綬褒章 成田守夫さん 山丸洋子さん 若林順平さん(1面)
→秋の褒章受章者の話題。上田市秋和の成田守夫さん、東御市海善寺の山丸洋子さん、上田市中央1の若林順平さんが受章されると掲載

■上田市 宮下賢さんが敬老園に車イス3台贈る!福祉のために-とコンサート収益金から(1面)

■上田市 サントミューゼ「おいしい絵本の原画展」おむすび舎主宰・霜鳥さんが出身地で開催(1面)

■「地域の良さ・課題を発見しよう」鹿教湯温泉でポールウォーキング!信州上田地域健康パーク推進協(2面)

■上田署 交通安全貢献者らを表彰 優良運転者で菅沼さん 署長から表彰伝達行う(2面)

■上田市の土屋市長に協力求める東京五輪に向け「振り袖」制作中 イマジン・ワンワールドが訪問(2面)

■上田市 うえだ多文化交流フェスタにぎわう 展示や料理で「異文化」に触れる!東南アジア・ブラジルの人増加傾向(3面)

■「キモノマルシェin上田」着物姿の来場者でにぎわう(3面)

■上田市 陶芸教室上田工房「作陶展」サントミューゼ多目的ルーム 生徒24人が個性的な200点!(3面)

■五十年前の今日の見出し 下塩尻の岩鼻 観光に売り出す 市の小宮山部長らが視察(3面)

■旅日記 番外編 孫といk 鹿児島の旅3泊4日 その4 植物画家 久保やす子(4面)
→上田市在住の植物画家の久保やす子さんの作品が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]