2018
10.31

【上田市】ヴィオニア日信が「親子交通安全教室」 みて・きいて・たいけんして・まなぶ!

ニュース, 信州民報

上田市国分のヴィオニア日信ブレーキシステムジャパン㈱上田本部は27日、親子交通安全教室を同本部で開いた。本田技研工業㈱との共催で今回が通算5回目、社名変更後は初となる。
 
自動車関連部品を製造する同社は地域の小学生低学年と保護者を対象に、「みて、きいて、たいけんして、まなぶ」をコンセプトに開催。この日は市立神川小と東小の1~3年生と保護者ら約50人が参加した。
 
座学では親子別々に交通ルールを学習し、子どもには交通安全教育支援センター指導員が「横断歩道の安全な渡り方」などを指導。親にはHPI(ホンダパートナーシップ安全運転インストラクター)が注意喚起した。また屋外ではHPIと同社社員が、ダミー人形を使い「急ブレーキ」「飛び出し」「シートベルト不使用」「巻き込み」「死角」について実技し、危険性を伝える。
 
「死角」の確認では運転席に座った保護者が、見えない場所に多くの子どもがしゃがんでいることを見て、危険性を痛感していた。他にもパトカー・白バイの乗車体験や、上田交通安全協会の安全グッズ配布など、市民の安全を守るための活動を楽しく学習した。
 
子どもたちは「知らなかったことをたくさん教えてもらった。怖いものもあったけど勉強になった」と話し、保護者は「実際に目で見て危険を実感する交通安全教室はないので貴重」と伝えた。
 

▲内輪差による巻き込みの怖さを実感する


[信州民報:2018年10月31日(水)1面]

2018年10月31日の他記事

■上田市 「上田城紅葉まつり」11月3~4日 ケヤキ並木のライトアップ始まる!初イベント「戦国GIG凱」も開催(1面)

■福祉の森ふれあいフェスタ&病院祭 約1500人集う 中学生ボラ大活躍 東御市(1面)

■上田市 ヴィオニア日信が「親子交通安全教室」みて・きいて・たいけんして・まなぶ!(2面)

■上田署 オレオレ詐欺を未然防止した長野銀行三好町支店に感謝状(2面)

■上田市 被災地の里山救済「たねぷろじぇくと」塩田西小3・4年生がワークショップ(2面)

■上田市櫻井松夫さんが3000冊寄贈 郷土の歴史書など丸子図書館へ(2面)

■上田市 上田女短附属幼稚園で初サッカー指導 松本山雅FCが指導 年長園児が楽しむ(3面)

■東御市 秋晴れの中「祢津地区ミニ駅伝大会」12チームが出場し熱戦繰り広げる!(3面)

■文芸コーナー(3面)
→上田市内で川柳に親しむ方々の句が掲載

■HIOKI生産販売4製品が受賞!「2018年度グッドデザイン賞」(4面)

■平成31年度「上田自由塾」講師☆募集!(4面)


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]