【上田市】シナノケンシが初の開催 100周年記念「シナノケンシ祭」 音楽祭や工作体験など大にぎわい

創業100周年を迎えたシナノケンシ㈱は27日、初の「シナノケンシ祭」を開催。『地域に響くシナノケンシの心』とし、上田市上丸子の本社や丸子文化会館を会場に音楽祭、スペシャルトークショー、展示・工作体験、絹糸紡績資料館見学、社員食堂開放、縁日・屋台、抽選会など盛りだくさんの内容で行い、多くの人々で大盛況となった。
 
上田市と坂城町の7小中学校金管バンド・吹奏楽部、サックス四重奏「サキソフォックス」が出演したシナノケンシ音楽祭1部はセレスホールで開き、満席状態。屋外特設ステージでの2部も3小中学校と教員、社員の合同バンドらが出演して大いに盛り上がった。
 
ホールホワイエでの製品紹介展示も大人気でロボット、ドローン、モータなどに、みんな興味津々。工作体験のバッジ・LEDランプやハーバリウム・スノードーム、3種モータ作りも大盛況で子どもたちはものづくりを楽しんでいた。
 
他にもスペシャルトークショーは、長和町出身のスノーボード・オリンピック選手の藤森由香さんが登壇してトーク。本社での縁日・屋台、社員食堂も人気だった。昭和23年建設の絹糸紡績資料館を見学する人も多く、歴史を伝える史料を興味深く鑑賞。社員らはみな来場者に楽しんでもらおうと優しく声をかけ、ブースを案内するなど笑顔でおもてなし、心通うイベントとなった。
 
同社は1918年、信濃絹絲紡績㈱として創業。「人とのつながりを大切にし、それぞれの時代で事業変革を重ねてきた。これからも地域とのつながりを深めていきたいと、イベントを企画した」とし、「2回、3回と来年以降も続けていく」という。


▲大盛況の会場(写真は展示、工作ブース)


▲第1回「シナノケンシ祭」が盛大に開催された(写真は本社)


▲絹糸紡績資料館も多くの人が見学


[信州民報:2018年10月30日(火)2面]

2018年10月30日の他記事

■県上田地域振興局 上田地域のインバウンドを考えよう 外国人留学生がモニターバスツアー 上田城跡公園など12カ所を見学!長和町 黒曜石体験ミュージアムに関心示す(1面)

■上田市武石地域 巣栗渓谷・滝ヶ沢ダム周辺 11月初旬ごろまで紅葉見ごろ(1面)

■上田市ラグビーW杯に向けイタリアへ渡航 イタリアラグビー連盟からの招待!(1面)

■上田市・シナノケンシが初の開催 100周年記念「シナノケンシ祭」音楽祭や工作体験など大にぎわい(2面)

■青木村 民間活用型。移住住宅などにゅきょしゃへ新制度「家賃補助制度」を10月創設(2面)

■東御市「曽根大池」築造200年で記念碑除幕 先人に感謝し後世に伝えていきたい!(2面)

■上田市 長大生の逮捕受けて長大が緊急会見し謝罪 所属野球部は試合自粛(2面)

■「うえだ ひと もの興しの紡ぎ手」表彰式 技術・技能など3部門で大賞・特別賞を決定 上田地域産業展(3面)

■築100周年「依水館」上田市教委が記念見学会 依田社の社旗や写真展示(3面)

■上田市 上田新参町教会でバザー 地域住民らでにぎわう!(3面)

■北川鉄平のシネマ・プラス・1(ワン) 樹木希林の佇まいに見惚れる・・・静謐かつ温かく爽やかに『日々是好日』(18)(4面)

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内で行われたグラウンドゴルフの大会結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]
 

関連記事一覧