2018
10.23

【上田市】障がい福祉サービス事業所「和裁舎」 初イベントで地域に活動紹介し大盛況

ニュース, 信州民報

上田市小牧の障がい福祉サービス事業所「和裁舎」は20日、初の「和裁舎祭」を開催。和裁などの就労支援活動で製作した作品を展示販売し、地域に活動を紹介した。
 
きもの工房「和楽座」に併設された同事業所は、10年前に設立。障がいのある人が和裁技術を習得し、和裁・手芸・機織りなどの「和の手仕事」に取り組む。また地域の遊休農地を利用して桑を作り、養蚕に取り組んでおり「生糸から絹織物まで」の一貫した、『上田産シルク復活事業』の一端を担うなど充実した活動をしている。
 
この日は手織り布で作ったバッグやポーチ、スマホ入れ、手作りの「真田紐」、和裁技術を生かした子ども用甚平やリフォーム服、編み物や布巾などの手芸品という多種多様な製品を販売。「和楽座」常連客や地域の人、事業所の支援者らが来場して大盛況となった。
 
訪れた人からは「色のきれいな素敵な製品が多い」と評判は上々で、機織り体験コーナーでは織機をじっくり見学する人もいて、活動への理解や交流が深まる。また農業班は朝採れのネギやジャガイモ、サツマイモを販売し、好評を得た。
 
他にも上田市で活躍する腹話術師のヒロ・タッキーさんのショーなどがあり、初の公開イベントは笑顔がいっぱい、心通うものとなった。


▲会場には手作りの品物がいっぱい。大盛況となった


▲機織り体験コーナーも人気


[信州民報:2018年10月23日(月)1面]

2018年10月23日の他記事

■上田市 障がい福祉サービス事業所「和裁舎」初イベントで地域に活動紹介し大盛況(1面)

■上田市 ホタルが飛び交う塩尻地域復活に!塩尻小に「ホタル幼虫」引渡し式 下塩尻桜づつみホタル会(1面)

■上田広域消防本部 木造建築物 密集地域で火災想定くんれん長和町仮宿地域で初めて(2面)

■上田市 街中ハロウィンにぎわう 趣向を凝らした衣装で仮装!親子連れらが「商店街」彩る(2面)

■上田市「地域の役に立ちたい」と美化活動 塩田中3年が感謝の思い込め清掃行う(2面)

■青木村で講演会ひらく 飯島氏・浜田氏が語る 村文化会館に150人(2面)

■上田市社協 川西公民館で「親子ベビーヨガ」赤い羽根共同募金配分金利用して初(3面)

■東御市 デキァルアート食器展 喫茶ギャラリー茶楽庵 30日まで(3面)
→上田市真田町の羽毛田貴美子さんのデキァルアート食器展の話題

■六文泉巡りスタンプラリー 第4弾☆2月28日まで!上田地域振興事業団(3面)

■スマート農業技術カタログ公表 関東農政局長野県拠点が伝える(3面)

■上田保健福祉事務所から 迷い犬保護のお知らせ(3面)
→上田市真田町御屋敷公園と上田市塩川で保護された犬の情報が掲載

■上田市 人生100年時代を共に生きる「まるこシルキーフォーラム」丸子地域自治センター(4面)

■上田市 室賀温泉ささらの湯ギャラリーサロン 黒田峰子さん切り絵作品展☆31日まで(4面)

■上田市リバーサイドで水彩画4人展 同じ教室の仲間☆30日まで(4面)

■とうみしトリックオアトリート!田中まちなかハロウィン 26~29日(4面)


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]