2018
10.18

【上田市】働き盛り世代の健康づくりに!3事業所で健幸体操モデル事業 協会けんぽ長野支部と連携して

ニュース, 信州民報

多忙な働き盛り世代の健康づくりのきっかけに―と、上田市と協会けんぽ(全国健康保険協会)長野支部が連携して行う「昼休みだョ! 健幸体操モデル事業」は15日、市内小泉の㈱アルカディアで行われた。
 
同事業は協会けんぽに加入する市内3事業所で、今月から初めて実施。従来、働きかけが難しかった働き盛り世代への新たな健康づくりアプローチ施策だ。昼食後そのままの服装で、誰でも気軽に楽しくできる体操・運動を行うもの。同事業専用に制作した独自のプログラム(10分間)はストレッチ、有酸素運動、筋力トレーニング、脳トレ、バランス、リラクゼーションで構成する。
 
この日はアルカディア社員約30人を対象に、講師の総合型地域スポーツクラブ・うえだミックスポーツクラブの高野秀樹さんの指導でプログラムを実践。高野さんの元気な掛け声に合わせ、大きく体を動かす社員らの顔には自然と笑みがこぼれた。プログラム後は「なかなか楽しい」などと笑顔で話す参加者もおり、好評だ。ほかにも「意外とくたびれた。運動不足ですね。これなら続けられそう」などと話す社員もいる。
 
市では「上田市健康づくりチャレンジポイント制度」をはじめとする、健康づくり事業に平成27年度から取り組んできたが、60代以上の参加者がほとんどだったという。スポーツ庁の調査では、働き盛り世代は自身の健康まで意識が届きにくく、運動不足を自覚していてもその機会を確保できない人たちが多いと分かっている。特に20~40代のスポーツ実施率は3割程度と、低迷しているのが現状だ。
 
市健康こども未来部健康推進課・中山勇次係長は「参加を呼び掛けるのではなく直接、働き盛り世代にアプローチしないと同世代の健康づくりのきっかけがつくれない」とし、「こうした事業をきっかけに、働き盛り世代の健康づくりが広がっていくことを期待している」と語った。
 
なお今回の事業は、協会けんぽ加入のオルガン製針㈱、オルガン針㈱、㈱アルカディアの3事業所で実施。半年間のモデル事業として、効果を検証しながら行う。毎月2回のプログラムのほか、事業開始時点と終了時点には体組成測定も実施し、専門知識のある指導者からアドバイスも実施。健康づくり・体づくりへの動機付け支援や運動習慣の定着化、生活習慣病の予防、職場のコミュニケーションの向上なども目指していく。


▲アルカディア社内で昼休みを利用し、プログラムを実施した


[信州民報:2018年10月18日(木)2面]

2018年10月18日の他記事

■音楽村「秋のばらまつり」開催中 今週末には見ごろを迎えるという「香り・花色・眺め楽しんで」上田市(1面)

■東御市 全国社会人サッカー選手権大会へ出場「アルティスタ浅間」選手らが報告!(1面)

■特殊詐欺電話に注意 上田市内に不審電話(1面)

■東御市 緑風会が特別講演会 18日に祢津公民館!テーマ「家族とは」(1面)

■上田市 働き盛り世代の健康づくりに!3事業所で健幸体操モデル事業 協会けんぽ長野支部と連携して(2面)

■青少年奉仕プログラム 上田RCが賛助金贈る スカウト4団体を助成 上田市(2面)

■信州再見721 斎藤茂吉の島木赤彦歌評 相模女子大学名誉教授 志村有弘(2面)

■行政書士無料相談会 上田中央公民館 27日(2面)

■上田華道協会が力作を展示 18流派から181人が出展 上田市文化センターで開く(3面)

■トラックの日イベントにぎわう(3面)

■川西まちづくり委が開催 太鼓3団体の合同演奏会 上田市・川西小体育館(3面)

■上田養護学校で開校40周年記念学校祭 テーマは「笑顔」多くの人でにぎわう 上田市(4面)

■市役所生け花(4面)
→長野県華道教育会上田支部 旭翠流 岩井弥生さんの作品が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]