• HOME
  • ブログ
  • ニュース , 信州民報
  • 【上田市】信大繊維学部・旧千曲会館改修が修了 同窓会が100周年記念事業で取り組む 「市指定文化財では初の耐震補強建物」

【上田市】信大繊維学部・旧千曲会館改修が修了 同窓会が100周年記念事業で取り組む 「市指定文化財では初の耐震補強建物」

上田市常田の信州大学繊維学部内にある、同窓会館「旧千曲会館」の耐震機能を施した改修工事がこのほど修了。竣工式は13日に同窓会館前で開き、老朽化した建物が見事に蘇った姿に参加した約40人は喜んだ。
 
同学部の前身・上田蚕糸専門学校は明治43年に開校し、大正4年に同窓会が誕生。しかし同窓生が集う場所がなかったことから、昭和10年に同窓生の寄付など、創立25周年記念事業で同窓会館を建設した。その後は研究者・技術者らの卒業生らが集う拠点となるが、昭和50年代になり大学の所管となっている。
 
しかし近年は老朽化が進んで放置されており、平成27年に同窓会が100周年を迎えるにあたり、記念事業の一つとして旧千曲会館改修事業をしようとの機運が起こった。総会で承認後、実行委員会(約20人)を設立。28年6月、市指定有形文化財となったのを機に寄付を募り、上田市からの助成も受けて同年11月に起工式を行った。
 
この日、同実行委員会・白井汪芳委員長は「100周年を迎えるにあたり、蚕都・上田の歴史的遺産として残そうと取り組んできた。建物は同窓会から大学へ寄付する」とあいさつ。信大の濱田州博・大学長に目録を贈り、下坂誠・繊維学部長に資料を贈呈した。
 
なお同会館は昭和初期の建築様式で木造2階建て、和洋混在の内装で迎賓のために縁側や庭もある。全体が講堂と同じ色彩を持ち、正面は洋風な趣だ。改修工事では耐震補強を中心に基礎工事、外装・外構工事、内装工事を行った。
 
同実行委・藤松仁副実行委員長は「東京五輪には110周年を迎える。これから先、100年使ってもらえるようにした」と言う。なお改修工事への寄付者は1569人で、寄付額は2926万4000円。市によると「市の指定文化財では初めて、耐震補強がされた建物」という。


▲改修した同窓会館「旧千曲会館」の前で行った竣工式


[信州民報:2018年10月17日(水)1面]

2018年10月17日の他記事

■上田市立本原小 児童が初の「神楽」体験学習 叩く太鼓に合わせ獅子が舞う 講師は地元・荒井神楽保存会(1面)

■上田市 信大繊維学部・旧千曲会館改改修が修了 同窓会が100周年記念事業で取り組む「市指定文化財では初の耐震補強建物」(1面)

■東御市・花岡市長が退院 通院治療続けながら公務(1面)

■上田商工会議所 中小企業相談所 新商品・新サービス(2面)

■上田市 長大で4日間「秋の味覚フェア」開催 地元食材使った「マツタケ定食」など(2面)

■初の真田支え合い研修会 支え合う地域へ取り組む 上田市・真田中央公民館(2面)

■上田市“スポーツの秋”各地で運動会ひらく 上田女短幼稚園や浦里・上野が丘地区(3面)

■ウルトラオリエンテーリング 松本城から上田城目指す!延長約55キロ完走者は63人(3面)

■五十年前の今日の見出し これが女というもの 東京へ和服の展示会 おみやげつきで販売競争(3面)

■上田信金川西支店でロビー展開催中 日向幼稚園児「絵の展示会」人気!(4面)

■上田市「臓器移植普及推進月間」県腎協が街頭キャンペーン 市内 2カ所で協力呼びかけ(4面)

■スポーツ大会結果(3・4面)
→上田市内で行われた野球、マレットゴルフの大会結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]
 

関連記事一覧