2018
10.14

上田市・長大 ひらめき☆ときめきサイエンス 進化からみたオスとメスの違い

ニュース, 信州民報

「ひらめき☆ときめきサイエンス」ようこそ大学の研究室へ―と、日本学術振興会の小・中・高校生プログラムはこのほど、上田市下之郷の長野大学で開催。同大環境ツーリズム学部・高橋大輔教授が「進化からみたオスとメスの違い」をテーマに、講義と実験をした。
 
この日は県内外の高校生8人が参加し、高橋教授に学ぶ大学生4人がアシスタント。高橋教授は現在、千曲川水系に棲む淡水魚を対象に研究を進めており、この日は「ヨシノボリのオス間競争とメスの配偶者選択」や「トウヨシノボリのオス間競争」など、水槽実験を行った。
 
「なぜオスとメスは違うのか」という生物学の謎について解説し、仮説を立てて実験。解析と考察を行うという研究の楽しさ、苦労、気づき・発見の喜びを伝える内容に、高校生は満足していた
 
参加した上田染谷丘高3年・市川いおりさんは「大学の授業について知ることができ、視野が広がった」とし、丸子修学館高3年・片桐海軌さんは「小さい時から興味があった生物について、知らなかったことを深く学べて楽しかった」と話す。
 
なお同プログラムは、科学研究費助成事業の研究成果を社会還元・普及しようと行うもので、小学5年生から高校生を対象に開催。最先端の研究成果を見て、聞いて、触れることで科学のおもしろさを感じてもらうことが目的だ。県内では今年度、信大で5講座、長大で1講座を開講した。


▲高校生2人と大学生1人で班をつくり、実験・考察した(写真中央は高橋教授)


[信州民報:2018年10月14日(日)1面]

2018年10月14日の他記事

■上田市・武石公民館 武石わくわく通学合宿ひらく 地元ボラや長大生らが協力!(1面)

■上田市 赤十字奉仕団が市社協へ義援金贈る!「北海道自信災害に役立ててほしい」(1面)

■上田市 市長・副市長らの給料額改定 市特別職報酬等審議会に諮問 審議結果は「改定は見送る」(1面)

■上田市 音楽村で「秋のばらまつり」バラ園で21日まで開催中!(1面)

■上田市・長大 ひらめき☆ときめきサイエンス 進化からみたオスとメスの違い(2面)

■上田市 弁財天奉安360年大祭 妙光寺で御開帳・法要 住職の法話や演奏も・・・(2面)

■上田市 あじさい祭りフォトコンテスト 県内外から158点の応募ある 市内の恩田和典さん推薦に輝く(2面)

■上田地域こどもCGコンク 小・中学生の作品☆募集!(2面)

■イタリアと文化・芸術分野でも交流を!上田高生とヴェネツィア合奏団員が演奏(3面)

■音楽村 音楽村少年少女合唱団 ホールこだまで演奏会 澄んだ歌声に大拍手!(3面)

■上田市「室内楽をたのしむ会」38年の歴史に幕下りる 最後は追悼コンサート(3面)

■27日・28日の2日間 13年ぶり“合唱”の演奏会 信州国際音楽村合唱団VPG(3面)

■上田市「農民美術新作展」開催中!14日まで☆サントミューゼ「こっぱ人形講座」の作品も(4面)

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内から出場した団体サッカーの試合結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]