2018
10.14

上田市・武石公民館 武石わくわく通学合宿ひらく 地元ボラや長大生らが協力!

ニュース, 信州民報

上田市武石公民館でこのほど、4日間にわたり「武石わくわく通学合宿」が開かれ、武石小学校4~6年生の希望者約20人が参加した。武石通学合宿事業実行委(委員長=住みよい武石をつくる会・児玉卓文会長)の主催。昨年に続き2回目だ。
 
通学合宿は同実行委員や地元ボランティア、長野大学社会福祉学部学生ら計50人の協力を受け、3泊4日の日程で実施。子どもらは学校を終えると、公民館で大学生や友人らと共同生活を行う。宿題はもちろん、日ごろは親にしてもらっている朝夕の食事作りなども主体的にした。
 
初日夕刻には公民館ではじめの会が行われ、同実行委・小林慎一副委員長は「自分の力で自立して生きていこうとする力を、自分の中に育てていくこと」「感謝の気持ちを育てていくこと」など、普段の生活から離れた生活のなかで学んでほしいことを伝える。
 
また一緒に生活する大学生らも自己紹介し、毎日夜に設ける「ありがとうを集めようの会」で子どもたちに、「日々『ありがとう』と思ったことを書き留めてほしい」などと話した。
 
この日、宿題に取りかかった子どもらは地元ボランティアや学生に分からない部分を聞き、一緒に考えながら学習。小林副委員長は「地域の大人が、地域の子どもたちを育てていくことを大事にするのが通学合宿のねらい。子どもの社会性や生きていく力は、地域の人たちの力で育てていかなければ」と、通学合宿開催に込める思いを語った。
 

▲地域ボランティアらと子どもが一緒に考える、学習の様子


[信州民報:2018年10月14日(日)1面]

2018年10月14日の他記事

■上田市・武石公民館 武石わくわく通学合宿ひらく 地元ボラや長大生らが協力!(1面)

■上田市 赤十字奉仕団が市社協へ義援金贈る!「北海道自信災害に役立ててほしい」(1面)

■上田市 市長・副市長らの給料額改定 市特別職報酬等審議会に諮問 審議結果は「改定は見送る」(1面)

■上田市 音楽村で「秋のばらまつり」バラ園で21日まで開催中!(1面)

■上田市・長大 ひらめき☆ときめきサイエンス 進化からみたオスとメスの違い(2面)

■上田市 弁財天奉安360年大祭 妙光寺で御開帳・法要 住職の法話や演奏も・・・(2面)

■上田市 あじさい祭りフォトコンテスト 県内外から158点の応募ある 市内の恩田和典さん推薦に輝く(2面)

■上田地域こどもCGコンク 小・中学生の作品☆募集!(2面)

■イタリアと文化・芸術分野でも交流を!上田高生とヴェネツィア合奏団員が演奏(3面)

■音楽村 音楽村少年少女合唱団 ホールこだまで演奏会 澄んだ歌声に大拍手!(3面)

■上田市「室内楽をたのしむ会」38年の歴史に幕下りる 最後は追悼コンサート(3面)

■27日・28日の2日間 13年ぶり“合唱”の演奏会 信州国際音楽村合唱団VPG(3面)

■上田市「農民美術新作展」開催中!14日まで☆サントミューゼ「こっぱ人形講座」の作品も(4面)

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内から出場した団体サッカーの試合結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]