2018
10.11

【東御市】日信工業が大相撲9月場所に懸賞旗 御嶽海の応援と地元PRを込め初!今月末まで市役所・市長室前に展示

ニュース, 信州民報

東御市に本社のある日信工業㈱は、御嶽海関の応援を込めて東京・両国国技館で開かれた、大相撲9月場所(9月9日~23日)に懸賞旗を初めて出した。千秋楽を迎え10月10日には、東御市役所を訪れて花岡利夫市長に同懸賞旗をお披露目。今後、今月末まで市役所の市長室前に展示する。
 
懸賞旗の大きさは、縦1.2㍍、幅70㌢㍍。日信工業のイメージカラー・鮮やかな青地に白い文字で「ブレーキの日信工業」と染め抜かれ、下方には長野県東御市とある。同社の経営管理本部総務部・小田中孝夫総務ブロックマネージャーは「御嶽海関の応援と、東御市のPRを込めました」と話す。
 
見やすいデザインの懸賞旗は、大相撲9月場所の15日間は初日と中日に2本ずつ、その他の日は1本ずつ土俵を回り、期間中は17本を用意。「同社のOB・OGの皆さんから反響がありました」と、小田中マネージャーは言う。
 
なお呼び出しを掲げながら土俵を一周する懸賞旗は、提供スポンサーが自前で用意。大相撲の懸賞金でスポンサーが提供する金額は懸賞旗1本につき6万2000円で、事務経費と力士の納税充当金を差し引いた3万円が、祝儀袋に入れられて勝った力士に渡されるという。
 
この日、懸賞旗のお披露目を受けた花岡市長は「御嶽海関の活躍が、大相撲の需要を宣伝してくれている。市内でも相撲人気が高まっており、日信工業さんの懸賞旗は有り難い」とした。長野県出身の御嶽海関の活躍で、相撲人気はますます高まっている。伝統ある国技として運営されてきた大相撲の世界に、また一つ楽しみが増えた。


▲懸賞旗を囲んで(写真左から)花岡市長、日信工業㈱・武井純哉代表取締役専務、小田中マネージャー


[信州民報:2018年10月11日(木)1面]

2018年10月11日の他記事

■東御市 日信工業が大相撲9月場所に懸賞旗 御嶽海の応援と地元PRを込め初!今月末まで市役所・市長室前に展示(1面)

■上田市 上田千曲高生活科3年生 別所線駅でバリアフリー調査 学んだことを地域に生かそう(1面)

■上田商工会議所 上田新作グルメ食堂×美味だれの宴ひらく 800人が参加し「新作メニュー」楽しむ!(2面)

■東御市議会 あなたの声をお聞かせください 市内5カ所で「議会と語る会」(2面)

■幼稚園児が上田電鉄・別所線で車両見学「丸窓電車」乗車☆演奏に合わせ大合唱 上田市(2面)

■上田市 科野大宮社で「玉垣」完成式 関係者ら70人が出席し祝う(2面)

■上田市「げんきまるこ産業フェスタ」にぎわう!40の企業・団体・学校・大学が盛り上げる(3面)

■上田市「室賀温泉ささらの湯」お食事処リニューアルオープン15日(3面)

■「山本鼎の会」が墓参り 命日に合わせて「鼎忌」思い込めコカリナ演奏 上田市・大輪寺(3面)

■50年前の今日の見出し 転機にあえぐ小企業者 融資より経営指導 専任はたった一人、小山市政の盲点(3面)

■上田市 長大・生涯学習講座作品展「たのしい水彩画」の力作 上田ガスギャラリーで開催(4面)

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内で行われたグラウンドゴルフ大会の結果が掲載

■川柳六文銭10月号発行(4面)
→川柳六文銭上田吟社が発行する冊子の情報が掲載

■平安堂上田店 今秋の書籍ランキング ベスト10<10/1~10/7>(4面)


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]