• HOME
  • ブログ
  • ニュース , 信州民報
  • 【上田市】理想は”人と野鳥が共存する広場” 「舌喰池(したくいいけ)」緑化芝生公園事業が完成 「憩の広場」でゆんたくライブも…

【上田市】理想は”人と野鳥が共存する広場” 「舌喰池(したくいいけ)」緑化芝生公園事業が完成 「憩の広場」でゆんたくライブも…

上田市手塚のため池「舌喰池」緑化芝生公園事業が完成して6日、同池の芝生広場で経過報告会と「沖縄×ため池 ゆんたくライブ」が開かれた。また広場の名称は、箱田悦男さん(77、手塚)が命名した「憩の広場」に決まった。

同事業を進めてきた、手塚ため池総合整備事業実行委・西澤恒幸委員長(73)は「平成28年度に県の災害対策改良工事の一環として、ため池の底泥を約3680立方㍍浚渫(しゅんせつ)し、岸に積み上げた。しかし荒れて雑草が生い茂ったことから、市のわがまち魅力アップ応援事業を活用し、芝生化を図った。人と野鳥が共存する広場になれば理想」と報告。

同実行委・大口義明事務局長(74)は、取材に「3300平方㍍あるところを住民の手だけで切り払い、整地し、芝生3万2000枚を1日で敷いた。また桜の苗木も50本植え、フナやコイ1万尾を放した。池を取り巻く遊歩道は約1㌔㍍。景色は抜群。今後はベンチを設ける」と成果を話す。

この日の「沖縄ゆんたく(おしゃべり)ライブ」は芝生広場の完成のきっかけに、これまでため池を観光の拠点として生かすなどの活動を続けてきた長野大学環境ツーリズム学部・熊谷圭介教授のゼミに所属する学生らが企画。2年生の波照間大輝さん(20)は、「今回、ため池をアートで生かそうと発案した。その発端となって、ため池の美しい風景が気に入ってもらえればいい」と話す。

また、この日は長野大学「長楽(ながらく)」、市内で八重山古典民謡に取り組む「あやぱに」、塩尻市で活躍する沖縄民謡「ちゅらの会」が出演。「長楽」では石垣島出身の波照間さんが沖縄の三味線・三線を弾くなど、軽快な沖縄民謡が湖面に響き渡る。約100人の住民らは青空の下、柔らかな芝生の上でひととき沖縄の風に吹かれていた。
 

▲事業を終え、晴れ晴れとした表情の住民ら
 

▲芝生の上で、池をバックに沖縄民謡を楽しむ


[信州民報:2018年10月10日(水)1面]

2018年10月10日の他記事

■上田市 理想は“人と野鳥が共存する広場”「舌喰池」緑化芝生公園事業が完成「憩の広場」でゆんたくライブも・・・(1面)

■上田市 市庁舎改築事業で事業費増額の内容説明 資材や建設コストの増・面積の増加など 市会全協で増額の要因伝える(1面)

■上田市会 人権擁護委員 人事案件同意(1面)

■レストラン柴崎 ライブ情報 セネガルのトップミュージシャン上田特別ライブ 10月14日(1面・広告)

■上田市 上田古戦場ハーフマラソン1800人以上完走 ゲストランナー・柏原竜二さん市民と交流 RCとJAはフルーツ提供し大会応援!(2面)

■秋空の下「食」と「イベント」楽しむ「ずくだせ感謝祭」に800人集う!上田市内(2面)

■映画『かみさまとのやくそく』上映会 ママ育・かがみ代表と母袋氏の対談も 19日☆上田西部公民館(2面)

■上田市で「人権を考える市民のつどい」合唱・サムガク生徒発表・姜尚中氏講演!(3面)

■特殊詐欺電話に注意を!上田市・東御市で不審電話相次ぐ(3面)

■上田市「イノシシに注意を!」神科で住宅侵入事件発生(3面)

■アンビット・エナジー・ジャパン 12日 上田市で事業説明会ひらく(3面)

■北川鉄平のシネマ・プラス・1(ワン)シャンソン歌手のアズナーブルさん急逝す・・・『ピアニストを撃て』(60)など名作映画にも(4面)

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内で行われたグラウンドゴルフの大会結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]
 

関連記事一覧