2018
10.10

【上田市】市庁舎改築事業で事業費増額の内容説明 資材や建設コストの増・面積の増加など市会全協で増額の要因伝える

ニュース, 信州民報

上田市は4日、現在の場所に建設を計画している市役所本庁舎改築事業で、総事業費が74億円から約8億円増の約82億円になると説明。この日の市会全員協議会で、総事業費増額の要因を伝えた。

市側の説明によると、新本庁舎床面積は当初から増加して1万3050平方㍍となる。総事業費8億円増の内訳は、五輪に向けた建設需要の高まりで資材や建設コストの増から3億8000万円。2階の窓口など面積の増で1億6000万円、環境への配慮に2億2000万円、業務委託料4000万円の増と説明した。

市は「上田の歴史と未来を紡ぐ庁舎」とし、17年度に市庁舎改修・改築基本計画を策定。今年度は新本庁舎基本設計・実施設計に着手する予定で、19 年度に新本庁舎建設工事に着工予定、20 年度末までの完成を目指すとする。

市側はこの日、市議会本会議に市庁舎改修・改築事業の実施設計委託料、駐車場管理委託料など9498万8000円を追加する一般会計補正予算案を提案。また19年度から20年度までに支出する、市庁舎改修・改築事業費67億5320万円の債務負担行為も提出し、ともに可決された。


▲上田市の新本庁舎の外観デザイン(上田市提供)


[信州民報:2018年10月10日(水)1面]

2018年10月10日の他記事

■上田市 理想は“人と野鳥が共存する広場”「舌喰池」緑化芝生公園事業が完成「憩の広場」でゆんたくライブも・・・(1面)

■上田市 市庁舎改築事業で事業費増額の内容説明 資材や建設コストの増・面積の増加など 市会全協で増額の要因伝える(1面)

■上田市会 人権擁護委員 人事案件同意(1面)

■レストラン柴崎 ライブ情報 セネガルのトップミュージシャン上田特別ライブ 10月14日(1面・広告)

■上田市 上田古戦場ハーフマラソン1800人以上完走 ゲストランナー・柏原竜二さん市民と交流 RCとJAはフルーツ提供し大会応援!(2面)

■秋空の下「食」と「イベント」楽しむ「ずくだせ感謝祭」に800人集う!上田市内(2面)

■映画『かみさまとのやくそく』上映会 ママ育・かがみ代表と母袋氏の対談も 19日☆上田西部公民館(2面)

■上田市で「人権を考える市民のつどい」合唱・サムガク生徒発表・姜尚中氏講演!(3面)

■特殊詐欺電話に注意を!上田市・東御市で不審電話相次ぐ(3面)

■上田市「イノシシに注意を!」神科で住宅侵入事件発生(3面)

■アンビット・エナジー・ジャパン 12日 上田市で事業説明会ひらく(3面)

■北川鉄平のシネマ・プラス・1(ワン)シャンソン歌手のアズナーブルさん急逝す・・・『ピアニストを撃て』(60)など名作映画にも(4面)

■スポーツ大会結果(4面)
→上田市内で行われたグラウンドゴルフの大会結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]