2018
09.23

【上田市】優しさ・思いやり・命の大切さ学ぶ!上田女短附属幼稚園で「むしまつり」 ダンゴムシ・バッタ・コオロギ・イナゴなど

ニュース, 信州民報

上田市下之郷の上田女子短期大学附属幼稚園(水野美恵園長)年中・ばら1組の園児ら26人は20日、同園で「むしまつり」を開催した。

年少の頃から〟昆虫好き〝が多かったという、ばら1組の子どもらは同園の遊びの中で、裏山や畑などで昆虫を捕まえては園内で飼育をしており、現在では十数種類の昆虫を飼育・観察する。

子どもらの昆虫に対する興味関心・探究心に応えてこのほど、青木村の信州昆虫資料館見学も行い、肉眼ではなかなか見ることのできない昆虫の不思議に触れた。

今回のむしまつりは園児らが捕まえ、飼育する昆虫を年長・年少園児らにも見てもらいたいと計画したもので、昆虫資料館を見学した経験から発想を得たものだ。

会場では飼育する昆虫と図鑑などを並べ、折り紙などで手作りした昆虫紹介看板も掲げて「いらっしゃいませ」と、他組の子どもたちを迎えるばら1組園児。ダンゴムシ、バッタ、コオロギ、イナゴ、カマキリなど、それぞれ担当の昆虫を決めた子どもたちは、昆虫の名前などを紹介していた。

同園職員は「飼育開始前は捕まえた後のことを考えていなかった子どもたちが、今は昆虫の気持ちを考え、みんなで協力して昆虫が快適な環境をつくろうとしている」とし、「子どもたちは飼育などを通して、優しさ・思いやり・命の大切さを学んでいる」などと話した。
 

▲飼育ケースに入った昆虫と図鑑などを展示した「むしまつり」


▲手作りの昆虫紹介看板も掲げて、他組の子どもたちに昆虫紹介した


[信州民報:2018年9月23日(日)2面]

2018年9月23日の他記事

■上田市 中国大学生が市内短大を初めて訪問 日中植林・植樹国際連帯事業で交流 130人が来日し学生の訪問は県内初! 外務省が推進(1面)

■青木村 青木中で文化祭「こまゆみ祭」ひらく 生徒が作ったステージバックも披露!(1面)

■上田市 優しさ・思いやり・命の大切さ学ぶ!上田女短附属幼稚園で「むしまつり」ダンゴムシ・バッタ・コオロギ・イナゴなど(2面)

■上田市 丸子文化会館セレスホール ピアノ・リレーコンサート 154組・171人参加!(2面)

■日置電機 スペシャルサイト開設 全てをパッケージ化!(2面)

■上田市 上田図書館で「おはなしと絵本の講座」集団への読み聞かせと絵本について学習(2面)

■北川鉄平のシネマ・プラス・1(ワン)映画雑感 2018-9 素敵な女優、樹木希林さん、お疲れさまでした(3面)

■日信信濃会フォトクラブ 第8回写真展☆開催中!上田市GASギャラリー(3面)

■五十年前のきょうの見出し 公仕に報ゆる校内の家 コスモス花の中に建設中 三中に咲く先生と公仕物語(3面)

■平成30年度生涯楽習 上田自由塾・公開講座 受講生☆募集(4面)


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]