2018
09.13

【青木村】道の駅あおき「駐車場」整備完了 15~17日「味覚の秋の特別企画」 ぶどう狩り体験・お楽しみセリ競売

ニュース, 信州民報

青木村の道の駅あおきで15日(土)~17日(月・祝)の3日間、「味覚の秋の特別企画」として「ぶどう狩り体験」「お楽しみセリ競売」など、各種イベントが開催される。道の駅の新しくなった駐車場において、駐車スペース整備がこのほど完了。普通車48台、大型車8台の計56台が駐車可能となったことから、PRも兼ねて行う企画だ。

ぶどう狩り体験は15~17日(午前10時~)の3日間、同道の駅構内の市庭(いちば)南側の通路にぶどう棚を設置して行うもの。1日あたり100房限定で、特別価格でぶどう狩りが体験できる。

お楽しみセリ競売は15・16日(午前10時30分~)の2日間、市庭で行われ、同道の駅構内の農産物直売所と同じ新鮮な農産物を、セリ体験をしながら購入できる(対面販売も行う)。参加無料。

また最終日17日午前11時30分~、市庭で青木村吹奏楽団による演奏も行われる。なお農産物直売所は午前9時~午後6時、味処こまゆみは午前11時~午後2時30分の営業。イベントに関する問い合わせは道の駅あおき℡0268-49―0333へ。
 

▲広々とした駐車スペースの整備が完了した、青木村「道の駅あおき」構内


[信州民報:2018年9月13日(木)1面]

2018年9月13日の他記事

■青木村 道の駅あおき「駐車場」整備完了 15~17日「味覚の秋の特別企画」ぶどう狩り体験・お楽しみセリ販売(1面)

■上田市 来年 開館30周年迎える 武石ともしび博物館に歌声 地元出身声楽家コンサート(1面)

■上田市会 一般質問「信州医療センターの現状について」「医師増加・診療科も増え29科に」(1面)

■長和町 キャンペーン隊任命式 奨励品認定証の交付式行う 隊員5人が街の特産品PR 新たに隊員2人を任命!(2面)

■里山の一本の老松枯死から開始した環境市民団体~地域に根ざし、老松「切り株」と対話して25年~その5 ヤマンバの会事務局長 村山隆 課題 切り株の屋根かけ保存と「ヤマンバ広場」の設置(2面)

■AREC ものづくりパートナーフォーラム 上田市丸子文化会館に100人 東信エリア9企業がプレゼン行う(2面)

■上田市 信大繊維学部「環境マネジメント全国大会」8大学から70人参加 テーマ『SDGs』(3面)

■上田市少年少女合唱団 西部公民館で合唱講習会 合唱の楽しさを再認識!(3面)

■五十年前の今日の見出し まだあった徳川時代壬申戸籍 上田市が廃棄処分 身分財産まで記載の封建時代遺物(3面)

■上田市 うえだプラザホテル まちなかギャラリー「花火の写真秀作展」(4面)

■市役所生け花(4面)
→長野県華道教育会上田支部提供。草月流の横山貴子さんの作品が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]