2018
09.11

【上田市】安全・安心な地域づくりはみんなの願い 「安全・安心イベント2018」大盛況!上田道と川の駅に親子連れら集まる 

ニュース, 信州民報

楽しみながら安全や防災について体験・学習しよう―と、上田市の上田道と川の駅で8日、「安全・安心イベント2018」が開かれ、親子連れらで大盛況となった。

「安全・安心な地域づくりはみんなの願い」をテーマに、会場には「まちの安全を守るクルマ」が大集合。パトカー、白バイ、消防車、災害対策車両などがずらりと並び、子どもたちは「見て」「乗って」その役割や機能を学んだ。

特に人気が高かったのは高所作業車やはしご車で、子どもたちはヘルメットを被り安全に乗車。また国交省の災害対策本部車の車内を見学する人も多く、関心の高さがわかる。他にも道路パトロールカー、衛星通信車、排水ポンプ車、照明車、自衛隊の中型トラックなど災害時に活躍する車を間近に見て回った。

さらに上田交通安全協会は安全グッズを配布して交通安全を呼びかけ、「炊き出し訓練」として豚汁を提供するなど参加団体が工夫し、「安全・安心」を啓発する。各種展示もあり、来場者は「全国で災害が多いなか、防災への意識も高くなっている。しっかり学びたい」と話す。

なお、この日予定していた「ヘリコプター遊覧飛行」は、天候不順のため中止とした。同イベントは実行委が主催し、国交省千曲川河川事務所、同省長野国道事務所、自衛隊、県危機管理部、上田建設事務所、上田署、上田市、上田地域広域消防本部、半過および周辺自治会、上田消防団第7分団、上田交通安全協会などが協力している。


▲「高所作業車体験」は人気だ!


▲上田交通安全協などが安全・安心を呼びかけた


[信州民報:2018年9月11日(月)1面]

2018年9月11日の他記事

■上田市 安全・安心な地域づくりはみんなの願い「安全・安心イベント2018」大盛況!上田道と川の駅に親子連れら集まる(1面)

■上田市会9月定例会一般質問初日「商店街の空き店舗対策内容は?」「新規出店を促す各種事業を実施」(1面)

■東御市「巨峰の王国まつり」15・16日 東御中央公園一帯 先着250人に無料配布(1面)

■小河博士顕彰会が設置 民生委員制度創設・小河滋次郎博士 上田城跡公園内の胸像に「解説版」『弱き者の友たれ』の生き方に学ぶ(2面)

■上田市教委「地域とともにある学校づくり」研修会 丸子中で講演「これからの時代の学校」(2面)

■上田市 うえだ原町一番街商店会「まちなか地酒交流会」5酒蔵集合 地酒楽しむ(2面)

■上田市 NPO絹の文化・蚕都常田館「うちおり連続講座」開催!(2面)

■上田市 松葉彌で「六華書展」最後の展覧会 書の魅力と全体の書の調和に感動!今日まで(3面)

■上田市 ささらの湯で水彩画夫婦2人展 山岸明人さん・しげみさん展示(3面)

■五十年前の今日の見出し 三年を一年でやる舗装案 建からストップ命令 果然!9月議会の焦点となる(3面)

■北川鉄平のシネマ・プラス・1(ワン)B級ゾンビ映画と思いきや・・・『カメラを止めるな!』(18)の映画愛に涙と笑いがとめどなく(4面)

■川柳六文銭9月号発行(4面)
→川柳六文銭上田吟社が発行した川柳六文銭9月号の話題のため見出しピックアップ


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]