2018
09.05

【上田市】「防災の日」に重点地区4会場で防災訓練  段ボールベッドや簡易トイレに関心示す!全員で「シェイクアウト訓練」も…

ニュース, 信州民報

「防災の日」の9月1日、上田市防災訓練は市役所と重点地区(神川、西塩田、長瀬、武石)の4会場で行った。地震や局地的豪雨による被害を想定し、指定避難所開設・運営や災害救援ボランティアセンター立上げ訓練、災害用備蓄資器材使用体験などを行った。

西塩田地区の訓練会場・塩田西小学校には地域住民ら約150人に、消防団など関係機関から約300人が参加。開所式に先立ち全員で、姿勢を低くして頭・身体を守り、揺れが収まるまでじっとしているシェイクアウト訓練を行った。

「自分の命を守る」ことを確認した後、体育館やグラウンドで各種訓練を実施。災害用備蓄資器材として展示した段ボールベッドや簡易トイレ、プライベートテントに関心を寄せる住民も多く、またAED体験救急講習は多くの人々が参加した。

赤十字奉仕団らが行った炊き出し体験では、災害救助用炊飯袋を使用したおにぎり、蒸しパンなどを試食し、「お皿無しで食べられる」「カレーなども作れる」「アレルギーや高血圧、糖尿病など食事制限のある人にも対応する」ことを伝える。

同訓練は「市民が自ら考え、行動する訓練」を基本とし、平成25年度から上田・丸子・真田・武石の自治会内に組織した自主防災組織を中心に行う。市消防団・矢島昭徳団長は「自主防災組織が円滑に機能するよう、消防団が核となって活動することとし、今年から相互連携を密にしている」とした。なおこの日は市内全域で、自主参加型一斉防災訓練(シェイクアウト訓練)を実施。なお真田地域は10月22日(月)に、重点地区の長地区の菅平高原アリーナを会場に訓練を行う予定。


▲「シェイクアウト訓練」を行う住民


▲段ボールベッドに関心を寄せる


[信州民報:2018年9月5日(水)2面]

2018年9月5日の他記事

■10月28日「うえだみどり大根収穫祭」に向け 上田電鉄別所線でPR車両運行始まる(1面)

■東御市会9月定例会開会 26日間の日程 生ごみ分別収集10月~祢津・和で開始(1面)

■上田市 メガソーラー開発計画に反対の3団体 土屋市長に要望書 市会議長に請願書(1面)

■上田市「防災の日」に重点地区4会場で防災訓練 段ボールベッドや簡易トイレに関心示す!全員で「シェイクアウト訓練も」(2面)

■上田市社協 災害救援ボランティアセンター立ち上げ訓練 防災グッズ展示や試作コーナー設置(2面)

東御市「東御ワインフェスタ」にぎわう ホスト国・モルドバ共和国も出店 積み重ねて7回目「年々盛んに」(2面)

■上田市内 リモート会場に上田創造館など6会場「はやぶさ2トークライブforキッズ」パブリックビューイングで活発に質問(3面)

■東信ハワイアンフェスタサントミューゼに200人 フラとバンドのステージ(3面)

■東御市 東信地区の女性工芸作家8人 くるくるくるみ展☆今日まで 土蔵ギャラリー胡桃倶楽部!(3面)
→上田市の小林郁子さん、渡辺由理子さん、市川洋子さん、湯本左緒里さんの作品も展示されているため見出しピックアップ

■スポーツ大会結果(3面)
→上田市内で行われたグラウンドゴルフの大会結果が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]