2018
07.12

【真田】七夕バス運行に合わせ園児が乗車体験 上田バス協力 バス内に89作品を展示 真田地域公共交通利用促進協が企画!

ニュース, 信州民報

上田市の真田地域公共交通利用促進協議会は9日、真田運動公園第2駐車場で市内真田町長の「いずみ幼稚園」年長園児らを対象にバス乗車体験を行った。

バスの乗車体験は、子どもたちにバスに親しんでもらおうと上田バス㈱の協力で開くもので、今年で6年目。真田地域の保育園・幼稚園の計4園の園児らが将来の夢やなりたい職業、七夕にかける願いなどを描いた絵画を展示した路線バス「七夕バス」の運行に合わせて行う。

この日は同社社員らが、園児ら11人にバスの乗り方を指導。「バスに乗るときは乗車券を必ず取って」「降りる前には降車ボタンを押す」など、乗車から下車までに必要な一連の手順を説明した。その後、園児らは訪れた保護者らと一緒に実際に、真田地域を走る「七夕バス」で乗車体験を実施。バス内に展示された自分の絵画を観賞したり、窓の外の風景を眺めながらバスに親しむ。同社社員は「皆さんが小中学生になっても、今日覚えたバスの乗り方でぜひ乗ってください」などと伝えた。

七夕バスは現在、運行中で運行期間は8月7日(火)までを予定。すがだいら保育園、さなだ保育園、そえひ保育園、いずみ保育園園児らの作品計89点を菅平高原線、真田線、傍陽線の路線バス5台の車内に展示して運行している。園児らのバス乗車体験は18日(水)にそえひ保育園、24日(火)にさなだ保育園、25日(水)にすがだいら保育園で実施する予定だ。


▲バスに乗り、降車ボタンを押す練習


▲一人ずつ整理券をとって乗車する園児ら


[信州民報:2018年7月12日(木)2面]

2018年7月12日の他記事

■西日本豪雨 上小地域も先週から断続的に激しい雨 上田・東御市に土砂災害警戒情報発令(1面)

東御市「自治体で防災に役立ててほしい」米生物産が2人乗り万能車イス寄贈 17日には長野県に贈呈!(1面)

■「平成30年7月豪雨災害」義援金 11日から上田市社協が募集開始!市内4カ所に募金箱設置(1面)

■上田市 七夕バス運行に合わせ園児が乗車体験 上田バス協力 バス内に89作品を展示 真田地域公共交通利用促進協が企画!(2面)

■上田市 17年継続してボラ活動 上小左官事業協が作業 市内3保育園で行う!(2面)

■しなの鉄道 NAGANOワインマルシェ&大人の軽井沢夕暮れ探検開催(2面)

■野つる使ったカゴ・帽子など並ぶ 東御市文化会館展示室で作品展!15日まで(3面)

■上田市 下武石・ギャラリークラノマ ガラスのアクセサリー展 開催 22日まで(3面)

■上田市 丸子中央病院ギャラリー「きずな会」写真展開催 31日まで(3面)

■川柳六文銭 7月号発行(4面)
→川柳六文銭上田吟社の発行する川柳六文銭の話題のため見出しピックアップ

■市役所生け花(4面)
→長野県華道教育会上田支部提供 古流宗普流の腰原茂子さんの作品が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]