2018
07.12

【東御市】「自治体で防災に役立ててほしい」米生物産が2人乗り万能車イス寄贈 17日には長野県に贈呈!

ニュース, 信州民報

千曲市の㈲米生物産(米澤生久代表)は11日、災害時に1人で避難者2人を同時に搬送できる、2人乗り万能車イス『助人くん』を東御市へ寄贈。市総合福祉センターで、米澤代表が花岡利夫市長に『助人くん』を贈呈した。

全国各地で発生している自然災害により、多くの要援護者が犠牲になっていることから、米生物産では約3年前に「二人乗り万能車イス」を開発。6月に特許を取得した。米澤さん(79)は、「災害時に一刻も早く、多くの人を避難させられるようにしたい」と、二人乗り万能車イスの開発に取り組んだ。

その後、自治体で防災に役立ててほしい―と昨年8月、地元・千曲市へ寄贈。これまでに県内26自治体(19市、7町村)に29台(栄村4台、他は1台)を贈っている。また17日(火)には、30台目となる2人乗り万能車イスを長野県に贈呈するという。

『助人くん』は非常時にはリヤカー方式で使用し、避難者は座ったまま介助者が坂道も容易に移動できる。足腰が悪かったりする高齢者らを、1人で同時に2人(子どもなら4人)搬送できるのが特徴。また平常時はブレーキをかけてベンチとしても使え、緊急時はブレーキを解除するだけで避難用車イスになる。

ポリタンク4本を一度に運ぶことも可能で、災害時に飲料水や灯油などを運ぶ際にも活用できるという。米澤さんは「長野県は地震の発生確率が高い」とし、「災害時に自力での避難が困難な人も多く、逃げ遅れる可能性も出てくる。1人のスタッフに対して一度の避難人数を多くすることを考えて開発した」とする。

この日、花岡市長は「緊急避難に対して配慮をいただき感謝する。人的被害を出さないことが大きな課題。市民の安全・安心のために活用させていただく」とお礼を述べた。


▲寄贈された2人乗り万能車イス『助人くん』で、(写真左から)米澤さんと花岡市長


[信州民報:2018年7月12日(木)1面]

2018年7月12日の他記事

■西日本豪雨 上小地域も先週から断続的に激しい雨 上田・東御市に土砂災害警戒情報発令(1面)

■東御市「自治体で防災に役立ててほしい」米生物産が2人乗り万能車イス寄贈 17日には長野県に贈呈!(1面)

■「平成30年7月豪雨災害」義援金 11日から上田市社協が募集開始!市内4カ所に募金箱設置(1面)

上田市 七夕バス運行に合わせ園児が乗車体験 上田バス協力 バス内に89作品を展示 真田地域公共交通利用促進協が企画!(2面)

■上田市 17年継続してボラ活動 上小左官事業協が作業 市内3保育園で行う!(2面)

■しなの鉄道 NAGANOワインマルシェ&大人の軽井沢夕暮れ探検開催(2面)

■野つる使ったカゴ・帽子など並ぶ 東御市文化会館展示室で作品展!15日まで(3面)

■上田市 下武石・ギャラリークラノマ ガラスのアクセサリー展 開催 22日まで(3面)

■上田市 丸子中央病院ギャラリー「きずな会」写真展開催 31日まで(3面)

■川柳六文銭 7月号発行(4面)
→川柳六文銭上田吟社の発行する川柳六文銭の話題のため見出しピックアップ

■市役所生け花(4面)
→長野県華道教育会上田支部提供 古流宗普流の腰原茂子さんの作品が掲載


《情報元》信州民報新聞社
《購読のお申込み・お問合わせ》
TEL:0268-22-7355
お問い合わせフォームはこちら


[広告]